UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

ジャカルタのストーンマーケット

昨日やっと行く機会がおとずれました、
念願のジャカルタ、ストーン パサール(マーケット)。

おうちから北東に向かって車で30分。
急に人々で賑わい出したと思ったら
道端に出店のようなものがたくさん出現し、
食べ物や金魚が売られているし、日本のお祭りみたい!(?)と思った矢先に
鎖につながれて檻に入れられた子サルたちが目に飛び込んできて…
「ここは一体??」
と思っていたら、その(子サル売り場)すぐ先にありました
ジャカルタ 石マーケット。
f0159179_12163872.jpg
f0159179_12181182.jpg
f0159179_12195080.jpg




























































インドネシア国産のアゲートやカルセドニー、オニキスを中心に
東南アジア諸国、アフリカ、南米産のジェムストーン、
ルースストーン、淡水パールが売られているこのマーケット。
思った以上に本格的で周りの小汚さに目をつぶれば
毎年世界各地で行われる国際宝飾展示場の片隅に必ずある
ルースストーン販売コーナーと比べてそれほど遜色なし。
しかも値段を聞くとビックリするくらい安く、
そのビックリを顔に出さないようにするので必死でした。

立ち止まって店員さんと話していると、後から後から
高価な宝石を出してくれたりもして(普段は隠しているらしい)
そのバリエーションの多さ、店員さんの知識にも驚きでした。
(但しCZが天然石とごっちゃになって売られているところも
多かったので、気をつけないとです。)

f0159179_12205430.jpg














この淡水パールの連、
日本での値段と比べると約半額から1/3の値段。
イギリスと比べると約1/3から1/4の値段。
(ポンドの為替レートが私がいた頃に比べると大きく変わったので
今は日本と比べるのと同じくらいかもしれません。)
どこのお店で売られているパールもホコリかぶっていて
汚なめだったけれど、パールには変わりありません。

そして嬉しい事にスワロフスキー社認定のお店もあり。
値段は安すぎず真っ当で、種類は少ないけれども
スワロフスキーのクリスタル&ビーズの姿かたちを
きちんとしていたので安心できそうです。

ストーンつながりということでパサールの後に
ジャカルタの高級モール、プラザインドネシアにある
ビーズやさんに立ち寄ってみました。
高級モール内での品揃え、価格設定はどうなのかな、と気になったので。
パサールに比べると値段は高いけれど
きれいに陳列されていて、種類も豊富で見やすい。

ここで見つけたシャンデリア型のスワロのクリスタルビーズが
お得な値段だったのでその場でお願いしてピアスにしてもらいました。
それがこれ。
f0159179_12152462.jpg



















ABコートされて七色に輝くこのシャンデリア型は
スワロの中でも一番のお気に入りの1つ。
金具パーツが若干気に入らなかったのだけれど
でもスワロのクリスタルビーズ x 2に金具、工賃(10000ルピアで100円!)
を入れても50000ルピア(約500円)だったので文句は言えません!

昨日はとりあえずこの有名なストーンパサールがどんなものなのか
見学に行っただけだったので何も買わなかったのですが
大体めぼしをつけたので、今度行くときは何か買ってみようかなと思っています!
[PR]
by unomin | 2008-12-17 12:26 | インドネシアでお買い物