UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

炊飯器

我が家に最新のIH炊飯器がやってきました。
先週ジャカルタを訪れていた義理の両親が持ってきてくれたもの。

イギリス生活の4年間はオックスフォード生活時代の寮でGetした
クラシカルな20年前の炊飯器を使用していた私たち。
蓋が本体と一体型でないので圧力がかからず、
IH、圧釜なんて有り得ない、保温機能さえない炊飯器だった。

電圧の問題、引越しが決まっていた等理由があって
イギリスでは買わなかったのだけれど
次の赴任地では絶対に炊飯器を買おう、それもIHと決めていた私たち。
義両親の来イに際し、持って来てもらいました。

いやー
20年前と今の技術力の違い、進歩には驚きました。
イギリスで食べていたのと同じ、
アメリカ産日本米を使っているのだけれど
お米のふっくら感、ウマ味、光り方、ねばり感
こんなにも違うものかと、本当に驚きです。

ご飯を炊くだけでたくさん機能があって 
お米の種類によって、またどんな料理と一緒にご飯を食べるのか
によって炊き方を変えられ、(例えばカレーの時、など)
それだけでなくて、炊飯器でお惣菜も作れたり
温泉卵、パンやケーキも焼けちゃう。素晴らしいー!

日本の素晴らしい技術力、ご飯に対するこだわり
研究に研究を重ね、こんなに質の高い製品を完成させたのに
これが日本国内消費者のみをターゲットにしているのではもったいない。
少しは海外用にも販売されているのだろうけれど、
現状ほんの一部だと思う。
こんな素晴らしい製品を、技術力をもっと世界に送り出して
世界のより多くの人にこの良さを知ってもらいたい!

IH炊飯器に感動し、そう強く思ったのでした。
[PR]
by unomin | 2008-07-18 16:13 | ひとりごと