UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

ジャカルタ生活4年目に突入

先週でジャカルタで生活し始めて丸4年が経ちました。
そして5年目に突入!
当初は2年のはずだったのに、
こんなにも長くなるなんて予想もしていませんでした。

4年の間に仲の良い友人たちが母国に帰ったり、他の地に行ったりして別れをする機会がたくさんあり
また同じ数だけたくさんの人たちと知り合いになれ、友達になれたり
素敵な人たちとの出会いの多い4年間でした。

イギリスから引越してきた4年前
東南アジア独特の熱気とパワーに圧倒されっぱなしで、
目に入ってくるものすべてが気になって、楽しくて、何にでも興味津々だったことを思いだします。
譲り合いの国、イギリスから来たばかりの時は、
「我先に~!」と何事においてもアグレッシブな状況に閉口したけれど、
今ではインドネシアの人たちのこの無邪気さが当たり前になりました。
この4年間でのインドネシアの成長、変化は目覚ましく、驚くばかりですが
人々の温かさや優しさだけは変わっていません。

昨日主人Tの誕生日でおうちで友人たちを招待してホームパーティーをしました。
30名の友人たちが来てくれて、とにかく感謝感激。
日々ジャカルタで楽しく生活できるているのも友人たちのおかげ。
みんなに支えてもらっていることを改めて実感しました。

あとどれくらいジャカルタで生活することになるのか、
まだ分かりませんが、もうあまり長くない気がします。(←と言いながら早2年(!)が経過なのですが…)

丸4年間の滞在の中で当たり前になってしまったこと、
ジャカルタ、インドネシアの独特でユニークなことを、
生活し始めた時のような新鮮な気持ちで、これからも楽しんでいけたらと思います。

最後に…
昨日のこと、
主人Tがイギリス時代の友人にインドネシアの事を聞かれ、
メールで返信している時に私に言った言葉が印象的でした。

「インドネシアっていいよね、自信を持って誰にでも「いいところだよ」って言えるから。」

本当に。
私もそう思います。
[PR]
by unomin | 2012-06-11 16:22 | ひとりごと