UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

フローレス島へ コモドとの出会い編 part1

フローレス島滞在2日目。
この日は旅行のハイライト、コモドドラゴンに会いにいく日。

前夜泊まったBajo Komodo Eco Lodgeは
色々なツアーのオプションがあり、申し込めるのだけれど
どれも自分たちの希望に合わず、、。
我侭を言って自分たちだけの、カスタムメイドのツアーを組んでもらう事に。
こういうフレキシブルな対応はインドネシアどこでも共通なのかな?

コモドドラゴンと言うからにはコモド島、と思っていたのだけれど
・コモド島はフローレス島から遠く、片道4時間ぐらいかかる…
・そのわりにはそんなにたくさんコモドドラゴンが見られない。
・見るならば、リンチャ島のコモドドラゴン国立公園!
と誰に聞いてもそう言われ、そうしました。
私たち、リンチャ島に行くことにしました。

と言う訳でEco Lodge所有の小さな木製の船に乗って
Lodgeに作ってもらったナシゴレンのお弁当を持って
コモドに会いにラブアンバジョーを出発!
ここから野生のコモドが一番見られる
リンチャ島、コモド国立公園までは2時間の距離。

フローレス島の西岸ラブアンバジョー、そしてリンチャ島、コモド島周辺は
世界的に有名なダイビングスポット。
サバンナの大地、青い空、そして透明感のあるエメラルドグリーンの海、真緑のマングローブ
それらの色のコントラストが美しくて、美しくて、大興奮の私。
見てください、この風景です!
f0159179_22304852.jpg
f0159179_2233479.jpg

f0159179_223154100.jpg

下の2つの写真はリンチャ島に行く途中に立ち寄った小さな無人島。
あー本当にキレイだったぁ~
this is what we call paradiseです!

さて、ラブアンバジョーからは2時間ほど船の旅で
着きましたリンチャ島、コモド国立公園。堂々の世界遺産。
ここへのアクセスは船でのみ可能。
「いよいよドラゴンと対面か~」とワクワクしてきます。
f0159179_22444674.jpg

f0159179_2247201.jpg


入場料を払い、国立公園のトレッキング、短い方か長いほうかを選び
(もちろん私たちは長い方。所要時間2時間)
ガイドさんについてもらって、ドラゴンを探すトレッキングツアーに出ました。

ガイドさんはインドネシア語と英語のチャンプルで
島の事、コモドの事など色々と説明してくれる。
よく分からない部分もあったけれど、
ここを歩いていると細かい事など気にならない!

灼熱の太陽の下、乾燥したサバンナの大地をひたすら歩く。
世界一大きなトカゲ、コモドドラゴン、世界の他のどの場所にもいないコモドドラゴンが
今まさにこの場所にいるというだけで興奮と感動が入り混じった感情が沸いてくる。

…でも…
歩けど歩けどコモドに出会えない。
そう簡単に会えるとは思っていなかったけれど、
でもとにかく暑くて、乾燥していて、ここでのトレッキングはかなりハード。
ゼーハー言いながら丘を登りきり、
「ちょっと休みたい~」 と思っていたらガイドさん
「後ろを振り返えって」と。

するるとこの景色が。
f0159179_2305383.jpg


「キレイ!」
これだけで俄然やる気を取り戻した私たちでした。

そしてついに!
その時はきました。
スタート地点から1時間弱ほど歩いたところで木陰で休むオスのコモドを発見!
「いるいる!」
私たちにとっては感動の最初のコモドドラゴン、コモド一号。
オスで年齢は結構いっている。体長約2.75メートル。
このダラッとした姿、、愛嬌あり。

f0159179_23175452.jpg

アップでもう一枚。
f0159179_23185883.jpg


私たち、興奮して大接近していたらしく
ガイドさんに「もっと離れて!」と怒られた。。
射程範囲に入ると、ものすごいスピードで"横飛び"してきて噛まれるのだとか。。
危ない危ない。
寝ていながら、じーっとこちらを窺っていたコモド一号。
その目に”野生”を感じた。

こうして無事目的達成。
野生の、生のコモドドラゴンに出会えた私たち。
「あー満足!」

私の生コモドの印象は
・意外とかわいい
・無骨なのにどこか気高い雰囲気がある
です。
気高いは言いすぎかな?
でも世界のここでしか生息していない貴重な存在というその事実と、
彼らの姿かたちがあまりにもユニークすぎて凄味があること
で私はそう思ったのです。

この後もトレッキングはまだまだ続きます。
続きはコモドとの出会い編part2で!
[PR]
by unomin | 2009-08-24 23:43 | インドネシア国内旅行