UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

インドネシアのお祝い料理 ナシクニンのレシピ

前回のインドネシア料理教室で習った
お祝い料理、ナシクニンのレシピをご紹介します。
f0159179_19425145.jpg

ナシクニン

(材料)
お米        3カップ
(A)
お水        2カップ
ココナッツミルク 1カップ
(B)
うこん(ターメリック) 10グラム
にんにく         3片
塩            小さじ1/2 
(C)
ローリエ
レモングラス
レモンの葉(あれば)

・お米をよく研ぐ(日本米でも美味しかったです)
・BをあればCobek(石臼)で、なければブレンダーでつぶしペースト状にする
・ペースト状にしたBを油で炒め*、(A)に加える
・蓋付お鍋に研いだお米、(B)を加えた(A)そして(C)を入れ炊く**
・炊けたら30分から一時間蒸らす

*家で作った際は油分が気になったので、ペーストを炒めずにそのまま使用しました。
**炊飯器でも問題なく炊けました。

レモングラスの香りがさわやかで
ウコンの黄色が鮮やかで、ココナッツのやわらかい風味が美味しい(炊き込み風)ご飯です。

-----さて次はナシクニンの名脇役たちを3品ご紹介-----

アヤムゴレン(チキン揚げ)

鶏肉      適量
(A)
にんにく    2片
うこん      1片
塩        小さじ1
白こしょう   適量




・(A)をCobek(石臼)でペースト状に挽く
・なべに鶏肉をいれ、ペースト状にした(A)と鶏肉が浸るほどの水をいれ、水がなくなるまで煮る
・煮た鶏肉をさっと素揚げし、出来上がり

煮てから、素揚げするアヤムゴレン、驚きの料理法でした。
煮た後の鶏肉は水分を含んでいる為、揚げる際は蓋をすると良いとの事でした。
ご家庭でお料理される際はどうぞお気をつけて。

ウダンゴレン(海老の素揚げ)

海老      250グラム
(A)
にんにく    1片
塩        小さじ 1/2
水        大さじ 2

・にんにくをつぶし、(A)の材料全てを混ぜ合わせる(B)
・海老を(B)の中に入れ、10-15分置く
・海老の水気を取り、そのまま揚げる

こちらも水分を含んだ海老を揚げる際はどうぞお気をつけて。

ペルケデル(インドネシア風コロッケ)

ジャガイモ   250グラム
(A)
にんにく    1片ー(cabekでつぶす)
塩        小さじ 1/2
(B)
長ねぎ(小)  1-2本 (細かくスライスする)  
こしょう     適量
卵        1個

・ジャガイモを1センチほどにスライスし、揚げる
・揚げたジャガイモをつぶし、AとBを全て混ぜる
・最後に生卵も混ぜるー(C)
・(C)を小さなボール状にし、(直径2センチくらい)そのまま揚げる


これらの脇役たちをナシクニンに添えてサーブします。
-----------------------------------------------------------

この他にも
Abon (アボン:ドライミートを細かい糸状にしたもの)
Kering Tempe(クリンテンペ:テンペを揚げたもの)
Telur datar (トゥルールダタール:少し甘めの薄焼き卵)
Cabe Merah(チャベメラー:シャロットを薄くスライスして揚げたもの)
を添えることが多いそう。

あと忘れてはいけないのが
きゅうり、トマト、セロリや赤唐辛子などに細工を施したものを飾ること。
これでとても色鮮やかで美しいナシクニンの完成です。

見た目も華やかで美味しいお祝い料理、ナシクニン。
ぜひお試しください!
[PR]
by unomin | 2009-06-18 20:21 | インドネシアのグルメ