UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ロンボクへ ギリ島編

スンギギのQunci Villaでのリゾートホリデーを2泊3日堪能した私たち。
次の目的地、ギリ メノ島に向かう為、
ヴィラの隣にあるサーフショップのお兄さんたちからボートをチャーターした。

Qunci Villaでもボートのチャーターをお願いすることが出来たのだけれど
同じ値段でサーフショップのお兄さんたちは
「途中にあるよいシュノーケリングポイントに停泊してくれる」というおまけ付き。
「それならば!」とお兄さんたちにお願いしたのでした。

ボートで進むこと40分。ギリ島が近くに見えてきた。
そしてギリ メノに到着する直前で停泊したボート。どうやらここがシュノーケルポイントらしい。
久々に登場の”マイ”シュノーケルを装着し、海に入ると…
一番最初に目に飛び込んできたのがウミガメ!!
なんてラッキー!
まだ小さなそのウミガメは優雅にゆっくりと、手を小さなセスナ機のように広げて
まるで飛行しているように泳いでいる。
しばらく追いかけてじっくり観察。かわいい。
他にもトロピカルな魚がいっぱい。
1時間くらいシュノーケルを楽しんだ後、次の宿泊先、Mahamaya Boutique Resortに向かう。
シュノーケルポイントからすぐそこの距離だった。

イギリス人オーナーの女性Aさんと旦那さまでシェフのJさんに迎えて頂く。
スタッフの方もみんなとびきりフレンドリー。
2,3カ月前にオープンしたばかりだというこのMahamayaはベーシックな宿泊施設しかなかった
ギリメノでは少し異色な存在。
短期間で折角のホリデーだから豪華に快適に過ごしたい、という私たちの願いを叶えてくれる
最高、最適のリゾートだった。
f0159179_1846377.jpg

着いてすぐ、島を探検したいという私たちの為にスタッフが自分たちの自転車を貸してくれ(←すごく親切)
2人でサイクリング。
手つかずの自然が残るこの島はバリとロンボクという観光地の間にありながら
その静かさと美しい自然をキープしていた。
動力のついている乗り物禁止の島では、人々の交通手段は馬車、自転車、徒歩しかない。
そのことが、ジャカルタで常に車の渋滞の心配をしている私たちにとっては、余計有難いことに感じる。
f0159179_19492061.jpg


夕方、日の入り前のシュノーケルでもまたウミガメに遭遇。
暗い海で泳ぐウミガメの神々しい姿と言ったら。。。
水中で撮れるカメラがなかったのが悔やまれます。。
f0159179_18535891.jpg


キャンドルが点った頃にディナースタート。
これが本当に幸せだったんです。お料理が美味しくて。

インドネシアの島での食事というと、イカンバカール(魚のグリル)かナシゴレン、というベーシックな食事
と思っていたのだけれど、
オーナーでシェフのJさんのお料理は、島で手に入る、そしてバリから仕入れる限られた食材を
最大限に活かして調理。最大限に美味しくしてサーブしてくれる。
このリゾートを作る前はロンドンの某有名ホテルの厨房で10年間も働いていたとの事。
なるほど、、このクオリティーが出せるわけです。

満点の星空のもとで、
心地よい潮風にあたりながら、
波の音を聞き、
ディナーはまるでロンドンで人気のガストロパブでお食事しているよう、だなんて。
最高すぎました(涙)。

さて次の日、天気が良かったこの日
朝起きてみると部屋から見えた景色はこれ!
f0159179_1993191.jpg

f0159179_1910232.jpg

色々なトーンの青と緑。白、花の色、向こうにはバリの最高峰、アグン山も見える。
f0159179_1958523.jpg


この日はホテルでのんびりし、目の前の海に飛び込んでシュノーケルを思う存分堪能。
毎回ウミガメに出会うことが出来て、じっくり観察できた。
自然のアクアリウムで本当に美しい海は、色とりどりで色々な種類の魚がいっぱい。
時間を忘れてUnder the sea worldを楽しんだ。

遊び疲れた頃、夕方にはアフタヌーンティーのサービスが。
これと一緒に、とたのんだ、私が大好きな英国のお菓子
シェフ渾身のBanofee Pie/バノフィーパイ。
この美味しいことと言ったら。。。
滞在中4回も食べちゃいました。

こんなにたくさんの自然が残っている島、電力や水が貴重な島で、豪華なリゾート滞在。。
「自然破壊につながらないだろうか」
と気が引けてしまうかと思ったら、そんな心配はありませんでした。

このリゾートは太陽光発電、雨水再利用システム、
下水の再利用システムなどの設備がしっかりしていて、エコリゾートになっているのです。
そういった環境への配慮が、快適な滞在と同時に安心感を与えてくれて
私たちにとっては、嬉しい限りでした。

ギリ島ならではのウミガメにたくさん出会い
人々の温かさに触れ
ギリシャの島にいるような綺麗な景色を楽しみ
南半球の星空を堪能し (オリオン座が逆に見えるんです!)
エコリゾートの自然を大切にする倫理観を学び
ロンドン仕込みのハイクオリティーのお食事が頂ける

こんな幸せなホリデーがロンボクに存在するんです!
今の私たち、特に忙しい日々を送る主人Tにとっては、
心身ともにリラックスできて癒される完璧なホリデーになりました。

ジャカルタから気楽に行かれるロンボク島、ギリ島
この4泊5日コースはどなたにもおススメできて、楽しんで頂けること間違いなしです!

因みに…お値段は
ビーチフロントヴィラ 1泊130ドル 朝食&アフタヌーンティーつき
ボートのチャーター代は Rp350,000 (3500円)でした。
[PR]
by unomin | 2012-05-24 19:49 | インドネシア国内旅行 | Comments(8)

ロンボク島へ スンギギ編

先週、4泊5日でロンボク島に行ってきました。

バリ島の東にある島でジャカルタからは2時間弱の距離。
バリと同様、気楽に行かれるインドネシア国内旅行の人気観光地です。

ロンボク本島に2泊、ロンボクとバリの間にある小さな島、ギリ メノに2泊だったのですが
このコースが最高で
今までのインドネシアの旅の中でのトップ5に入るほど楽しい旅になりました。

f0159179_19153561.jpg

こちらはロンボクの新空港。夜9時半だというのにすごい人。
「なぜ?」と滞在するヴィラから迎えに来てくれた運転手さんに聞いてみると
「村の一人でも旅行に行くと、迎えには村全体で来るから。」とのこと。
なんてあたたかい。。

新空港から一路向かった先はロンボク島北東海岸沿いにある、スンギギ。
ロンボク島の中では一番の観光拠点になっている場所なのに、
自然がたくさん残っていてまだ静かな雰囲気。
何となくバリのような賑やかさを想像していたので嬉しい。

1時間強で到着したのが2泊する予定になっていたQunci Villa/クンチビラ
着いた日はもう深夜に近かったのでチェックインして、
アウトドアで星空の下、シャワーを浴びて就寝。

そして次の日、起きて外に出てみると…
こんなに美しい緑、そして空と海の青が目に飛び込んできた!
f0159179_20351156.jpg


遠くからでも波の音が聞こえる。静か。
海に一番近いテーブルで朝食のエッグベネディクト、ミックスフルーツジュースを頂く。
これがとっても美味しい!
f0159179_20372494.jpg


久々の海のリゾート。
波の音、椰子の木が風になびく音、
目の前に広がる海の青のグラデーション、空の色、薄くかかった雲、
そして遠くに見える、バリのアグン山。
五感全てを使ってこの美しい自然を堪能する。なんて幸せ。
f0159179_20465435.jpg

f0159179_20472557.jpg


プールサイドで本を読み
日が傾いた頃にQunci Villa内にあるQamboja Spaで
私はフェイシャル、主人Tはロンボクのトラディッショナルマッサージ。
f0159179_2056522.jpg

こんなに贅沢して良いのかと不安になるくらいだったけれど
久しぶりだから、ということで良いことにしてみました。
マッサージにうるさい主人T曰く、おしりマッサージが最高だった(!)とのことです。

夜はQunci Villa内のQuah Euroでディナー。
海に一番近いテーブルで頂くディナーは最高にロマンチックで
お料理も期待を裏切らない美味しさ。
f0159179_0143691.jpg

隣のサーフショップでランチの焼き魚をたくさん食べすぎてお腹がいっぱいだった私たち、
のはずなのに、美味しすぎてスターターからメイン、デザートまでしっかり頂いてしまいました。
スープデポワソン(南仏の魚のスープ)、マグロのタルタル、手長エビのグリル
素材の鮮度はもちろん、味も抜群。
ロンボクでこのクオリティーの高さは期待以上だったので、嬉しかった。
しかも!ホテル/ヴィラ内なのにリーズナブルな価格設定。
しかも!シェフはフランス人らしい。
「やっぱり!」

今回2泊したQunci Villa、トリップアドバイザーの評価がとにかく高くて
それでここに決めたのだけれど、大正解だった。
連休に重なっていて、しかも人気のヴィラなので
一番安いベーシックなお部屋しか残っていなかったけれど
それでもお部屋は綺麗で快適でインテリアも素敵だった。
なのに朝食込で1泊100ドル少し。1万円で泊まれるなんて。。
f0159179_0114062.jpg

これがバリのスミニャックやヌサドアだったりしたら、3倍はするな、
というそんなお得感たっぷりの素敵なビーチフロントのヴィラ。
敷地内で何でもすんでしまう、快適に過ごせる、そして何といっても
食事が美味しいのがポイント高かった。
とにかくリラックスしたい方、癒されたい方、Qunci Villa、すごくおススメです。

次回はギリ島編をお伝えしますね!
[PR]
by unomin | 2012-05-22 00:11 | インドネシア国内旅行 | Comments(12)