UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

クラカタウへ

先々週末
ツアーに参加して、クラカタウへ2泊3日で行ってきました。

「クラカタウ」ってみなさんご存知ですか?

ジャカルタのあるジャワ島とその西にあるスマトラ島の間、
スンダ海峡にある火山島群でユネスコ世界遺産に登録されています。
f0159179_20233829.jpg


1883年に歴史に残る超大規模な噴火があって、
 その時の火砕流は海上40kmに達したり
 噴火した山、島は吹き飛ばされて地形が変わってしまったり
 その噴火音は5000キロ離れたアフリカのモーリシャス島近くまで届いたり
 津波がフランスまで届いたり
 噴煙が北半球の平均温度を下げたり
 この年日本で起こった飢饉はこのクラカタウの噴火が原因だという説があったり
 噴火後北半球でみられる夕焼け空の色が変わってしまったり
 これを題材にしたのがムンクの叫びだったり

と、周辺地域だけでなくて世界各地に何らかの影響を及ぼしてしまうほど
大規模な噴火だったのです。

この下の写真はアナッククラカタウ。
1927年、海中で噴火が始まり
それ以来活発に活動しながら大きくなっているこのアナッククラカタウ。
1年に5メートルもの早さで高くなり、現在は海抜400メートルほどの火山。
この写真もよくみると山頂から白い煙が立ちあがっているのが見えると思います。
f0159179_2254464.jpg

夕方になると、雷のような音を立てながら、白煙をともなって噴火。
f0159179_2363263.jpg

そして夜、
満天の星空、南半球の美しい星空と流れ星を楽しんでいたところに2回目の噴火。
その時の写真がこれです。
f0159179_238422.jpg

2回目の噴火は黒煙を伴って、見えていた星空が全部黒い雲で覆われてしまうほど。
石を焼いたような臭いが辺りに漂った。

次の日の朝、アナッククラカタウを1合目までハイキングする予定だった私たちは
この時点で諦めモード。
この周辺は綺麗なサンゴ礁が広がっているので
明日はシュノーケリングだけ楽しめればいいね、と言いながら就寝。

そして次の日。
朝早起きして散歩をした時も、このように白煙が上がっていたし
f0159179_23273427.jpg

アナッククラカタウ行きは完全に諦めていた。

でも…
一応トライしようと、アナッククラカタウにあるレンジャーズハウスを訪れた私たち。
f0159179_2331202.jpg

するとここのレンジャーさんたちは意外にも
「今なら大丈夫だよ、今すぐ登ってみよう」と言うではないですか!

昨晩噴火していた山を登るなんて、そんなこと、あっていいの?と思いながらも
専門家のレンジャーさんが「今は安全」というのだからそれを信じた私たち。
こんな風にしてアナッククラカタウを登って行きました。
f0159179_23423112.jpg

この下の写真が「今日はこの地点までです」と言ってレンジャーさんが案内してくれた場所からの景色。
頂上がこんなに近くに見える。
表面が白いのは硫黄の成分だそう。
f0159179_23413036.jpg

f0159179_23471367.jpg

f0159179_23475673.jpg

レンジャーハウスにいたコモドドラゴンのようなオオトカゲ。
f0159179_034795.jpg


クラカタウの神秘とこの地域のサンゴ礁、美味しいシーフードを堪能した2泊3日の旅。
総勢8名での旅は始終笑いが絶えないとても楽しいもので
また新しいインドネシアを発見でした旅でした。

週末にジャカルタを離れると、気持がリフレッシュして、リセット出来て
とても清々しい気持ちになれますね。
次はどこに行こうかな。
まだまだ行かなければいけない場所がいっぱいです、インドネシア。
[PR]
by unomin | 2011-05-31 01:53 | インドネシア国内旅行 | Comments(11)

スマートフォン

半年ほど前
主人Tからお下がりでもらったSony EricssonのXPERIA Mini Pro。
f0159179_19464519.jpg

f0159179_1947346.jpg

スマートフォンは持ち歩かない主義を貫いていたので
電話と携帯メール機能しか使うことはなかったのですが、
今月から、恐る恐るスマートフォン機能を使い始めてみました。

BlackberryでもなくiPhoneでもなく、OSはAndroid。
BBことBlackBerryがスマートフォンのマーケットシェアの
ほとんどを占めるここインドネシアではAndroidはかなりマイナー。
それが逆に気に入っていたりします。

今、少しずつアプリをダウンロードし始め、
Yahooメールや仕事メールとリンクさせたりしたら
それはもう、とても便利。そして楽しい!ビックリしました。
なんでもっと早くスマートフォンにしなかったのかなと後悔しているくらいです。

それにしても、、
インドネシアで、スマートフォンの使用料がこんなに安いとは思いませんでした。
1ヶ月間使いたい放題のプラン。500M(メガバイト)ダウンロードが出来て、
それを超えると追加料金は発生しないけれど、速度が遅くなる、というシステム。
これで何と、Rp100,000ルピア(1,000円)です!
500Mなんて相当頑張らないといかないし、
相当数のアプリをダウンロードしても、使用しても、それでも大丈夫そうです。

こんなに小さな機体で何でも出来てしまう、スマートフォン。
賢いの意味でも、小さくてコンパクトという意味でも、本当にスマートだわ。と思うのです。
使い始めたばかりなので、今とても楽しんでいます。
そしてスマートフォンのお陰で、最近はジャカルタの渋滞がそんなに気にならなくなりました。
[PR]
by unomin | 2011-05-30 19:48 | ジャカルタ 日々の出来事 | Comments(4)

フランスフェスティバル@ジャカルタ

先週の土曜日
ジャカルタ フランス文化センターが主催する
フランスフェスティバル、”ル・プランタン”のオープニングセレモニーに行ってきました。
f0159179_1492659.jpg

5月7日から7月24日まで約1ヶ月半に及ぶフランスフェスティバル。
期間中はアート、写真展示会やダンス、Jazz、ピアノコンサートなど魅力的なイベントがたくさん。
さすがはアートの国、フランス。
期間中、色々と楽しめそうです。
f0159179_14124651.jpg

様々なプログラムがある中で一番、心奪われたのはこれでした。 (↓)
f0159179_14421835.jpg

"Tour de France Culinaire/ ツールドフランス キュリネール(食)"

7月2日から24日までジャカルタ メリディアンホテル、 La Brasserieで
"フランス地方特産料理を巡る旅"というイベントが開催されるそうなのです。

ブリタニー、ラングドック、コートダジュール、
スペイン国境に接したミディピレネー地方そしてイタリア国境に接したローヌ地方
これら地域の特産料理が食べれるだなんて…
美味しいに違いない。

7月はジャカルタのメリディアンで”食”のツールドフランス、食い倒れの旅。
これで決まりです!
[PR]
by unomin | 2011-05-09 14:46 | ジャカルタ 日々の出来事 | Comments(6)

チーズ好き

チーズがこの上なく好きな私たち。

ロンドンに住んでいた頃は
夢のように美味しいヨーロッパのチーズが簡単に手に入る環境で
それは幸せな日々だった。

それがジャカルタに来て一転。
カマンベールやグリュイエールなどの有名どころでさえも
美味しいものは簡単には手に入らない状況。
チョイスはほとんどないし、とても高価だし。。
比較的リーズナブルなオーストラリアのチーズをいくつか試してみたけれど、結局…
「チーズはヨーロッパ。」
という結論に至ることが多かった。

でも最近発見したのです。美味しいオーストラリアチーズ。
f0159179_15343167.jpg


タスマニアンヘリテージ ブルーブリー
f0159179_15411893.jpg

表面は白カビで覆われていて中は青カビチーズ。
このタイプのチーズは昔、日本でドイツチーズ、「ババリアブルー」を食べてからのファン。

白カビチーズのコクとクリーミーさ、
ブルーチーズの少しの苦みと風味の強さ
これらが一緒に味わえて、相俟って、何ともいえず美味しい。

このタスマニアンヘリテージのブリーブルーは美味しい上に
フランスチーズに比べたらリーズナブル。
このブランドで他にはカマンベールがあるのだけれど
これもブリーブルーに負けず美味しい。

食べる30-40分前に冷蔵庫から出し
形が少し崩れてトロっとしてきたら、一番の食べごろ。
冷やしたピノノアールと頂くと、とても美味しいのです。
今の私の小さな贅沢と幸せです。
[PR]
by unomin | 2011-05-04 16:04 | インドネシアのグルメ | Comments(6)