UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

超豪華 シャンパンディナー

先々週のこと。
主人Tが
T:「来週のこのイベント、行くからね。」とEmailを転送してきた。
私:「え?シャンパンディナー?? 素敵な響きだけれど私あまり飲めないしな…」
T:「いや、これは絶対行っておいた方がいいと思うんだ。」と。
私:「ふぅん、、分かった。そんなに言うなら。(←なーんて。内心すごい嬉しい)」

ということで先週の水曜日
私たちのお気に入りのフレンチレストラン、Emilieでのシャンパンディナーに行ってきました。
普段はあまり贅沢をしない私たちですが、今回はちょっと特別。少しお洒落して出掛けました。
そしてこのシャンパンディナーが!
ただ事ではなかったのです。

このイベントはシャンパンの作り手、老舗メゾンのドゥラモット社/Delamotteと
インドネシアの大手商社、そしてEmilieが共同企画したもので、
ドゥラモット社のシャンパン4種と、レストランEmilieのフランス人シェフが作る
(それぞれのシャンパンに合った)4コース料理を頂く、というとても魅力的なもの。25席限定。

さて、
レストランに入るとすぐに冷えたシャンパンを頂く。Delamotte Brut NV.
ドライで辛口。泡のきめ細やかさがすごく上品で、
この一口でディナーイベントに来て良かったと満足してしまった庶民の私。

テーブルにつく前に参加者たちと挨拶をしたり、お話したりしながらシャンパンが進む。
飲めないはずの私も1グラスすぐに完飲。グラスが空になるとすぐに注ぎ足しに来てくれる。
来イしているDelamotte社の当主もいらして、私たちゲストを温かく迎えてくれ
ご自身が大の親日家であること、そしてこれから飲むシャンパンについてお話ししてくれる。
フランス大使もいる。
何だか私たち??、、場違いなほどハイソな雰囲気です。。

さてこの写真、
これは2コース目のクレイフィッシュとアスパラガス、グリュイエールチーズに
ペストソースがアクセントになったラビオリ。
このラビオリにはDelamotte Blanc de Blancs NV、
シャンパンでは異例という、ブレンドではない100%シャルドネのシャンパンを合わせて。
グラスの底から上に一筋に立った泡の線が美しい。
f0159179_0332982.jpg

1つ目のシャンパンに比べて100%シャルドネなだけあって、複雑さはなくすっきりさっぱり。
なので料理と合って、どんどん飲めてしまう。
通常のワインティスティングのように、シャンパンは1人1種類1グラスなんだろうと思っていたのに、
グラスが空になると「これでもか」というほど、どんどん注ぎ足してくれる。
こんなに贅沢でいいのだろうか。。お料理も最高に美味しいし。。
f0159179_1541.jpg

この上の写真が3コース目(ぼやけていてごめんなさい)。
フランスから空輸してきたというタルボット(ヒラメ)のソテー黒トリュフソース。アスパラガスとシュリンプ。
このディッシュには幻のシャンパン、”Salon 1997”を合わせて。

このシャンパン、”Salon1997”は日本では1本5万円、1杯5000円ほどの超高級シャンパン。
こちらも100%シャルドネで出来ているのだけれど
シャルドネの良年にしか作らない、毎年作らない、というこだわりの銘柄。
これまで100年の歴史の中で36回(年)しか作られていないそう(!)
かの有名なRobert Parker氏も95点をつけたほどのとにかく格の違うシャンパンなのです!(驚驚!)
グラスもこだわっていて、レストランのオーナーがこの日のためにジャカルタ中を捜し回ったのだとか。
そんなすごいシャンパンを飲む事が出来るだなんて。一生に一度あるかないか…

さて、
その味は
シャルドネ100%ならではの酸味、すっきり感の裏に13年間かけて熟成された豊かなまろやかさが
口の中にぱーっと広がり、そしてやさしく覆う。そして泡のきめ細やかさはシルクのよう…(遠い目)
そしてこのSalonでさえ、飲み終わるとどんどん注ぎ足してくれる。
こんなに贅沢でいいのでしょうか…

最後は少し甘みのあるこのロゼシャンパンDelamotte Brut Rose NVをデザートと合わせて。
サクランボのような赤みがかったピンクがとてもかわいい。
すこし甘め、でもこの強い泡がすっきり感を与えてくれる。
フレッシュベリーのメレンゲパイ。甘さ控えめのメレンゲに甘酸っぱいラズベリーソースとベリーたち。
これがこの美しいロゼシャンパンと合うんです。あー幸せ。
f0159179_2165299.jpg


今までに飲んだ一生分のシャンパンと同じ量を1晩で飲んでしまったかのようなこのシャンパンディナー。
こんなにも素晴らしくてお得なイベントにたまたま参加することができた強運に感謝。
これから仲よくしていけそうなとても良い人たちにも出会えたし、
一生思い出に残るとびきり素敵な夜になりました。

さて、気になるこのイベント参加費はというと…
一人Rp980,000 ++. 約1万円。。
これはもう信じられないほどお得でした~!
[PR]
by unomin | 2010-05-29 02:45 | インドネシアのグルメ | Comments(2)

シンガポールの高級紅茶ブランド TWG 祝ジャカルタ上陸!

大の紅茶好きの私。
日本にいる時からコーヒーではなく、紅茶派で
強めのダージリンやアッサム、アールグレイをストレートで飲むのが好きだった。

イギリスに渡ってからは、私の紅茶好きに更に拍車がかかることに。
あの硬い硬水で飲むイギリスの紅茶。
大きなマグにミルクを入れ、濃いめの紅茶を注ぐ(この順番も大切)
この朝のa mug of Teaの美味しいことと言ったら。
朝だけでなく、一日に何杯でも飲んでしまう。

そんな紅茶好きの私。
シンガポールのティーブランドTWGに出会ったのは1年ほど前、バリでのこと。
バリ在住の友人に教えてもらってから。

バリではこのTWGの紅茶を出すカフェが多くて
100%コットンで出来たティーバックがとても素敵で印象的。
試したRoyal Darjeeling、French Earl Greyは
どちらも香り高く、味がしっかり、でもどことなくすごく上品で
それはそれは素晴らしかった。
ティーバックでこんなに素晴らしい風味と香が出せるなんて、と感動でそれ以来TWGの大ファンに。

あれから1年。
「いつかくる、ジャカルタにもくる。」
と待ち続けていたら、本当に来てくれましたTWG!
グランドインドネシアモールに先週オープンした高級スーパー、ランチマーケット内にありました。

インドネシア初のアウトレットだというここTWGショップ。
待っていました、嬉しい!!
f0159179_20182943.jpg

購入したのは
ロイヤルダージリン/Royal Darjeelingのルースティー。
缶もかわいかったので、一緒に買ってみました。
量り売りで茶葉を買うなんて何年ぶりだろう。。
f0159179_2019126.jpg

TWGにはフュージョンティーも各種あるけれど
私はこのオリジナル、ダージリンやアールグレイが好き。

さーて、お湯を沸かさないと。
楽しみ~!

TWG:http://www.twgtea.com/AboutTWG-Story.php
[PR]
by unomin | 2010-05-21 20:33 | インドネシアでお買い物 | Comments(6)

インドネシアで温泉!初体験

先週末
ボゴール、セントゥールに程近い、パンチャール山にある温泉に
友人たちと6人で行ってきました。

インドネシアはご存じの通り環太平洋火山帯に属していて、日本と同じで至る所に
火山があって、地震が起こる。それ故、温泉が湧く(!)

暑い気候だからか、きれいずき度が違うのか
日本のように温泉施設は充実していなくて、実際入浴できる場所はそんなに沢山ない、、
けれど、「泉質は良い」と聞いていた。
海外生活も今年で6年目。
日本の何が恋しいか、このトップファイブに入るのが温泉。
「インドネシアで温泉に行きたい」という願いがついに叶いました。

高速道路、セントゥール市内行き出口で降り、セントゥールハイランドゴルフ場を過ぎ
パンチャール山に向う私たち。
途中カンプン(村、集落)を過ぎて、その後は美しい松林の山道。
この舗装された山道から更にオフロードに入り、勾配のきつい登り坂下り坂を20分ほど進むと、
目的地、温泉施設のあるギリティルタホットスプリング&スパリゾートに到着。

小高い丘に建つこの高床式建物のリゾート施設。
オープンエアで気持ちがよく、テラスから見渡すと目に飛び込んでくるたくさんの緑が気持よくて
通ってきたガタガタ道からは想像ができないほど素敵な雰囲気。
夕暮れ時のやさしいオレンジ色が辺りを包んでいてとても綺麗。

まずはテラスでドリンクを頂き、数ある露天風呂に案内してもらい
どの露天風呂を貸し切りにするのかを選択。
6人で入ろう!ということになって、大きめのものを選びました。
f0159179_053451.jpg
(実際選んだものよりも小さなタイプのもの)

女性2人、男性4人
全員水着着用で私たちは入浴したのですが、私たち女性陣はサロンも持参。
でもこの施設は
入浴時用にと女性はムームー、男性はショートパンツを貸してくれるので
水着を忘れてしまっても大丈夫。バスタオルももちろん用意されている。
貸し切りにできるので家族で入る場合は裸でも大丈夫。
でもこうして水着を着て友達とワイワイ温泉に入れるのが楽しかった。

さてこの温泉。
泉質はどうかというと、ずばり、「素晴しい」のひと言。
青味がかった薄い灰色で、すこし濁っている。そしてほぼ無臭。
お湯は温泉特融のとろっとしたテクスチャーでミネラルたっぷり、という感じ。
源泉は80度近くあるらしく、これを一旦大きな貯蔵池に貯めて冷ましてから
湯船に送っている。そう!贅沢な源泉掛け流し。
温度も40度弱でちょうどよく、
温泉入って→このガゼホで休みながらフレッシュジュースを飲む
を何度も繰り返して極楽極楽。
涼しい山風もとても気持ちがよくて
「露天風呂、温泉ってなんて素晴らしい」って心からそう思った。

到着が遅くなってしまって1時間ほど入浴したころにはもう辺りが暗くなりはじめる、
越えてきた悪路のことを考えるともう帰らないと!と思っていたら
雨が降り出してきた。。。

1時間の入浴料、一人50,000ルピア(500円)を支払い、急いで帰りの途につく私たち。
でもこの帰り道が大変だった。

雨で悪路は滑りやすくなっていて
勾配のきつい登り坂を4x4でない&重い車体&エンジンがそれほど大きくない
わが車は大苦戦。車が坂を登ってくれない。。
雨の中を男性人総出で車を後ろから押さなければいけないほど大変だった。

それでも何とか無事に悪路を越え、無事舗装された道路に辿り着いた。。
行きの倍以上も時間がかかった。でもその時の喜びと言ったら。。(涙)

温泉は素晴らしかったけれど、行くのが大変。
もう少しアクセスが良ければ通っちゃうのにな、
このギリティルタホットスプリング&スパリゾート。
でもアクセスが悪いからこそ、お客さんが少なくて”秘湯”状態が保てるんだろうな。
うーん、どっちがいいかなぁ。。難しい。。
悪路で苦戦しましたが、我が家は間違いなくまた行きます。運転手さんごめんなさい。

温泉に入ることに夢中になって
写真を撮るのをすっかり忘れてしまい、写真が1枚ですみません。。
[PR]
by unomin | 2010-05-09 01:59 | インドネシア国内旅行 | Comments(2)