UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

スラウェシ島 マナド旅行 Part2

さて、前回のマナド旅行の続きを。

マナド ブナケン島できれいな海を堪能した私たち。
滞在3日目のこの日、マナド旅行ハイライトの1つ、タンココ国立公園へ行くことに。

タンココ国立公園 (Tangkoko Nature Reserve)。
マナドから東に車で約2時間のところに位置するこの国立公園は
手付かずの原生林で覆われていて、スラウェシ島特有の野生動物が生息していることで有名。

スラウェシ島は動物生態系の境界線、ウォレス境界線のすぐ東に位置していて
オセアニア(オーストラリア)の動物生態系とアジアの動物生態系が混在している。
イコール
オーストラリアでしか見られない(と思っていた)有袋類も生息している。
境界線の西に位置するのはお隣、ボルネオ島。こちらは完全にアジアの動物生態系。

さぁコモドドラゴンに続く、珍獣ツアー。
今回は”獣”ではなかったけれど、ウォーキングサファリ感覚をまた味わってきました。

案内所で入園料を支払い、レンジャー(ガイド)さんを依頼すると
ちょっとぽっちゃり系の”エプソン"さんに決定。(エプソンさんって…本名かどうかは謎)

原生林を歩くということで長袖長ズボンのハイキング装備で行った私たち。
なのにエプソンさんは7分丈のズボンに、裸足でCrocksのサンダル履きで現われた!(驚)

原生林の中を進む私たち。
f0159179_1517287.jpg

雨季だということもあり、原生林の中はすごい湿気。
主人Tのメガネが一瞬にして曇ってしまうほど。長袖長ズボンで歩いているので
暑いし、天然の森林ミストバスの中にいるよう。

アフリカで見た、バオバブのような木があったり
根っ子が幹の太さくらいある不思議な形の木があったりで面白い。
(雨季はいいけれど乾季は雨が降らないので、地中深くから水分を摂る必要があるのだろう。)

さて私たちのガイド、エプソンさん。15分ぐらい歩いたところで動きが変わる。
獲物を捕らえる狩人のようになった。
五感全てを使って獲物を見つけている感じ。視力が恐ろしく良いらしい。聴力も。
動きも更に敏捷になって、ついていくのがやっとの私たち。

エプソンさんが狩人モードになってから10分。
いました!
「マカク猿・マカクニグラ(黒マカク猿)」の夫婦。
f0159179_15152876.jpg

私たちが近づくと逃げてしまう&原生林の中は暗かったので写真が上手く撮れなかった。
どこかマントヒヒのようでもあり、どこかニホンザルのようでもあり
とてもキュートなマカク猿。
エプソンさん曰く、私たちの行った夕方4時ごろはちょうど寝床に入る時間のようで
この後も木の上で休むたくさんのマカク猿を見た。

そしてまたしばらく歩くこと20分。
タンココ国立公園のアイドル、タルシウスに出会えました。
f0159179_15303963.jpg

f0159179_1693386.jpg

夜行性というタルシウス。
私たちの訪れた夕方の時間帯はまだ木の中の巣で休んでいるところ。(すみません、邪魔して)
私たちがこんなに近づいても怖がらずに、人馴れしている感じでした。

本当に小さなタルシウス。これが猿だなんて。
「ふっ」
と気を抜くと、ネズミに見えてくるタルシウス。ほら、しっぽとか…
頭がこのモードになってくると、ちょっぴり鳥肌が立ってくる私。
なので観察中は頭の中で「これは猿 これは猿」と唱えてしまった。
ちょっぴり鳥肌立っちゃったけれど、つぶらな瞳に免じて許そう。(って何を?)

タルシウスとマカク猿を見てすっかり満足した私たち。
日も暮れてきたし帰路についていたら、最後の最後でまたしても大物、
クスクスに出会えました。
一瞬だったので写真を撮れなかったのだけれど
このクスクス、コアラやカンガルーと同様の有袋類。
見かけはコアラとウォンバットを足して2で割ったような感じでしょうか。

珍動物に出会え、原生林をハイキングできて大満足な私たち。
夜はドライバーさんに”マナドいち美味しい”
というシーフードレストランに連れていってもらいました。

水槽があってこのシーフードをどれくらい&どう料理する…
とオーダーする、アジアでよくあるタイプのシーフードレストラン。
ピリッと辛くてすっきりした味わいのマナド料理。
結構好みでジャカルタでもたまにマナド料理店に行くのだけれど
本場はやっぱり違う!魚の鮮度が違う!

これは一押しのシャコ。白い身はもちろん、オレンジ色の卵は
魚卵好きの私にとってはたまらない。
f0159179_17172761.jpg

マナド料理で必ずオーダーするスープ、クア アサム/Kuah Asam。
このスープ用の魚はスズキ(グルーパー)を選んだ。
期待以上に美味しい。
f0159179_17182886.jpg

これは何だか正確には分からないけれど、エボダイのような味。
イカンバカール(魚グリル)にして大正解だった懐かしの日本の味。
f0159179_17191597.jpg

この他に2皿頼んで、飲み物込みで一人1000円也。 (ってありえない安さ!)
この時所持金がが少なめだったのでオーダーできなかったロブスター。
今思えば食べておけばよかった。。

**************

美しすぎる海、野生動物、マナドの大自然を満喫したエコツアー。
心身ともに癒されてきました。
インドネシアは本当に旅行し甲斐のある国。自然が本当に美しい国です。

さて、次はどこに行こうかな。
やっぱりカリマンタン(ボルネオ)かな?
[PR]
by unomin | 2010-01-21 17:27 | インドネシア国内旅行 | Comments(8)

スラウェシ島 マナド旅行

元日を友人たちとジャカルタで楽しく過ごした私たち。
2日からは4泊5日でスラウェシ島の北、マナド旅行に行ってきました。

ジャカルタからは直行便で3時間の距離。
スラウェシ島はインドネシアの北東、フィリピンの真下に位置していて北半球。
インドネシアって広い~!

さてマナド旅行。
今回の旅の目的は
世界中のダイバーの憧れの場所、ブナケン島の海を堪能すること。
昔からマイ シュノーケリングセットを所持するほどのシュノーケル好きで
これである程度潜れるし、今までダイビングの必要性を感じていなかったのだけれど
折角インドネシアにいるし、試してみようか?という事になり、行ってきました。

今回泊まったホテルは
インドネシアの大型ホテルチェーン、サンティカプレミアムリゾート マナド。
ここにした理由はガイドブックなどで評価の高いダイブセンター
Thalassa Dive Centerがホテルに併設されているから。

空港からは1時間弱ほどと遠いけれど、
海岸沿い、しかもブナケン島へのアクセスも良い立地と言うことで
他のホテルを調べることもなく、ここに決めました。

ホテルの部屋のベランダから見える景色はこれ。
f0159179_18282825.jpg

緑たくさん、きれいな海、夕日。ゴージャスな景色とは裏腹に部屋はすごくシンプル。
でも安かったので仕方ないですね。

さて私たちのダイビング初体験。
コースはDiscover Scuba Diving。
http://www.thalassa.net/index.php
f0159179_182949100.jpg

インストラクターはベテランのAさんとAさんのアシスタントNさん。
この日の参加者は私たち2人と超ナイスボディーの台湾人女性Bさんの3人。

まずは講習を受け、ダイビングする際の注意点、基本的なこと等を30分ほど学ぶ。
この後簡単なテストがあり、その後ホテルのプールに移動。
実際器具をつけてきちんと泳げるか
そして基本的な動作が出来るかどうかを試されることに。

プールでは講習会で習ったことを1つ1つ思い出しながらやるのだけれど
きれいな女性好きな私は、Bさんのナイスボディーに釘付けで集中するなんて無理な状態。
「…」
(周りの誰もが釘付け)
それでも何とかプールセッションを無事終え、
一息入れる暇もなくウエットスーツを着てスピードボートに乗り込んだ私たち。

スピードボートの向かう先はブナケン島からすぐのところにあるダイブポイント、フクイポイント。
以前、フクイさんという日本人がここのダイブスポットを発見したらしく
その人に因んでフクイポイントと呼ばれているのだそう。
このフクイポイントはブナケン特有のドロップオフになっていて
そのクリフ/壁に色とりどりのさんごが生息している。もちろん、お魚もたくさん。
ジュゴンや海ガメが見られることもあるそう!!
期待が高まる。ドキドキ。
でも耳抜きが出来るかがちょっと不安。違う意味でドキドキ。

重い器具を背負い、インストラクターAさんの指示に従ってボートから海へ飛び込む。
ナイスボディーBさんはアシスタントのNさんとマンツーマン。
私たち2人はAさんが見てくれる。これならば初ダイブでも安心で全く問題なしなはずです。

水深1メートルほどのところで器具の扱い方をもう一度確認してから
いざ初ダイブ開始!!

1メートル潜るごとに耳抜きをするように指示をくれるAさん。
大丈夫?という意味のOKマークを手で何度も示して確認してくれる。

「大丈夫大丈夫。」

耳抜きも思ったよりも難しくない。
珊瑚の美しさ、自由に泳ぎまわるカラフルな魚たちの幸せそうな姿
そしてシュノーケルでは出来なかった 
見上げて自分のいるところよりも高い位置で泳ぐ魚の大群を見たときは大興奮。
その魚の大群にイエローテイル(はまち)も数匹いる。

インストラクターのAさんが常に横にいてくれて、安心。
主人Tは慣れている感じだし、男性だし、程よくほったらかしになっている。

シュノーケルと違って、海の中で自由に動けること
立体的に動けることが嬉しくて、ダイビングってこんなにいいんだー
と楽しくて楽しくて、時間が止まってほしかった。ずっと潜って魚を見ていたかった。

海中の世界を堪能した40分。
キラキラ輝いていてカラフルで色々な生物が共存するこの美しい世界では無になれる。
今まで色々なスポーツをやってきたけれど、そのどれとも違った感覚。
全く違う世界だけれど茶道に少し似ているなと、私は思った。

魚たち、怖がらずに、私たちを快く迎え入れてくれてありがとう。
インストラクターのAさんのおかげですごく楽しい初ダイブ体験でした、ありがとう。

こうして無事楽しく終えた初ダイビング体験。
この後はダイビングセンターでとびきり美味しいマナド料理のランチをたくさん頂いて終了。

雨季で天候が不安定だったのでダイビングは旅行中これ1回で終わり。
残りの日程はまたブナケン島でシュノーケルをして楽しんだり(←これもまた最高!)
マナド市街にでて遊んだり、そして近郊にあるタンココ国立公園に行ったりして過ごしました。

このタンココ国立公園では世界最小のサル、タルシウスに出会えた!
その様子はまた次回ご紹介します!
[PR]
by unomin | 2010-01-14 20:02 | インドネシア国内旅行 | Comments(4)

Happy New Year 2010

Happy New Year!
去年はお世話になり、ありがとうございました。
また本年もどうぞ宜しくお願い致します。

みなさんどのような年末年始を過ごされましたでしょうか。

ジャカルタで迎える2回目のお正月。
大晦日は紅白を見て、元日もゆっくりと過ごしました。
2日目からは4泊5日でインドネシアの北東部、
スラウェシ島にあるマナドでのんびり休暇。
インドネシアの大自然を満喫してきました。

インドネシアを思いっきり楽しんだ2009年。
世界不況などどこ吹く風でエネルギッシュなジャカルタ。
最初はぎこちなさを感じていた、お手伝いさんと運転手さんのいる生活も
今ではすっかり慣れて、彼らの存在が欠かせなくなりました。

とても良い年だったけれど自分的には停滞だった2009年。
今年は色々な事に能動的に、前向きに取り組んでいけたらと思っています。

と、新年を迎え心を新たにした私でした。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
皆様にとりまして、2010年が実り多き年になりますように。

UnoMin拝
[PR]
by unomin | 2010-01-12 13:45 | ひとりごと | Comments(2)