UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フローレス島へ コモドとの出会い編 part2

灼熱の太陽の下
約一時間のトレッキングを終えてコモド第一号に出会えた私たち。
これでもう結構満足していた。
ら、次は結構な大物に出会えたのです。
その大物とは、これ。彼写真ではあまり伝わりませんが、巨大。
f0159179_18451134.jpg

水牛、バッファロー。
皆さんご察しの通り、、そうです、この水牛、コモドの餌になっちゃうのです。

こんなに大きな身体をしているのに
リンチャ島の食物連鎖のサイクルの中ではコモドの下。
肉食のコモドに見つかったら食べられちゃうのです。

しかもこの水牛、すでに尻尾が途中で切られている…
ガイドさん曰く、コモドとの格闘で食いちぎられたのだとか。
尻尾だけですんで、逃げきれて良かったね、水牛。

ここから先に歩を進めていくと
コモドの巣穴を発見!木陰に大きな穴が3,4つ。
そしてここにもいました、コモドドラゴン。
コモド2号。
今回はメス。一号に比べるとメスなので身体が小ぶり。
メスが巣の脇で家を守っている。これって動物界共通?
家内、なんて言葉を思い浮かべたりした私です。
f0159179_1847669.jpg

この巣穴の前でガイドさんからコモドについて色々と講義を受ける。
途中、巣穴を覗いてみようと近づいたら、
「ダメダメ、近寄らないで!」
とまたガイドさんに怒られた。脇にいるメスに襲われるよ、と。

さてそのコモド講義。
ガイドさん曰く、コモドは…

・嗅覚がよく、風向きにもよるが10キロ先のものまで嗅ぎ分けられる
・メスは一度に卵を20個ほど産む
・卵の何個かを残してそのほとんどは家族で食べてしまう
・コモドは共食いする
・生まれた赤ちゃんは長い間外敵(同じコモド)から守る為に木の上で生活する
・交尾しないでメスが妊娠した例がある…

らしい…
うーーん。
コモドってやっぱり面白い。変な生き物だ。

その後も更に1つ巣を見つけ、
ここにもやはりメスコモドが巣に寄り添って巣を守っていました。
これでコモド3号め。
f0159179_1852422.jpg

トレッキングの最後はたくさんのコモドを見学。
ここは施設のキッチンになっていて
匂いと、そして人間が食べる食材の食べ残しなんかを求めて
島のコモドが集まってくるのだとか。
なのでキッチンの下はこんな感じでコモドの集会場に。
お陰で沢山のコモドを一度に、しかも歩く姿も見られました。
f0159179_18535576.jpg

コモドが動いた瞬間に
この心もとなげなY字の竹の細い棒で、警戒態勢をとるガイドさん。
襲ってきたらこのY字部分でコモドの首を押さえて動けないようにするのだとか。

全身筋肉の大きなコモドが本気を出したら
そんな竹の棒、割れちゃうのでは?と思っていたら、
ガイドさんに
「何かあったら全速力で逃げてね」って言われた…
「あぁやっぱり…」

そのガイドさんの緊張を見て、今までは怖くなかったのに
最後の最後でちょっと怖くなってしまった私。
でも大丈夫だった、無事トレッキング終了。

結局野生のコモド3匹。
野生だけれどベースキャンプにいたコモド総勢12匹ほどで
全部で15匹のコモドに出会えました。

ガイドさん曰く、
日中の暑い時期10時から4時ごろまでは暑くて
体温調節のためにコモドドラゴンは日陰で休んでいる事が多い。
なので歩いている姿をベースキャンプ以外で見るのは難しいのだとか。

トレッキングに行くのに
活発な時期を選んで歩いているコモドを見るのか
それとも安全策で日中のお休みタイムにコモドを見るのか…
主人Tは前者が良かったようですが、
私は安全な後者の方で良かったと思ってます。


沢山の野生のコモドを見て達成感を味わいながら
リンチャ島を後にした私たち。
トレッキングで火照った身体に、船上での潮風は
なんとも言えず気持ちが良かった。

そしてフローレス島への帰り途中、
2つの無人島に停泊してシュノーケリングを楽しんだ。
f0159179_18555570.jpg

色とりどり、鮮やかな珊瑚と沢山の種類の魚たち。
丁度暖流と寒流があたる部分を選んでくれたみたいで
ビックリするほどたくさんの魚がいた。
f0159179_18585321.jpg


因みに右のこの小さな船が私たち2人が貸切った船。
小さいけれども必要充分の省エネ。
1泊目のホテル、Eco Lodgeの船で一日独占してしまいました。
船でリンチャ島を往復、シュノーケルポイントにも連れて行ってくれ
スタッフが2人ついて一日500,000ルピア、5,000円也。
お弁当のナシゴレン、ミーゴレンを入れても5,500円程。
何だか申し訳なくなっちゃう価格です。

フローレス島に戻ったのは夕方。
この日はEco Lodgeの隣に新しく出来た日本人が経営する綺麗なホテル
Puri Sari Beach Hotelに宿泊。
f0159179_1953421.jpg

部屋はこんな感じで広く、お庭が見渡せてとても気分が良い
清潔で快適でした。
ここもリーズナブルで1泊5,000円。

夜はこのホテルのレストランでイカンバカール(魚のグリル)をオーダーし
その魚が自分たちの肩幅よりも大きいにもかかわらず
ぜーんぶ平らげてしまった私たち。

”野生のコモドドラゴンに会いたい”
という目的を達成した満足感と達成感、
お腹も美味しくて新鮮な魚で満たされ、幸せな私たちでした。

さて次回もフローレス旅行編続きます。
[PR]
by unomin | 2009-08-26 19:15 | インドネシア国内旅行 | Comments(9)

フローレス島へ コモドとの出会い編 part1

フローレス島滞在2日目。
この日は旅行のハイライト、コモドドラゴンに会いにいく日。

前夜泊まったBajo Komodo Eco Lodgeは
色々なツアーのオプションがあり、申し込めるのだけれど
どれも自分たちの希望に合わず、、。
我侭を言って自分たちだけの、カスタムメイドのツアーを組んでもらう事に。
こういうフレキシブルな対応はインドネシアどこでも共通なのかな?

コモドドラゴンと言うからにはコモド島、と思っていたのだけれど
・コモド島はフローレス島から遠く、片道4時間ぐらいかかる…
・そのわりにはそんなにたくさんコモドドラゴンが見られない。
・見るならば、リンチャ島のコモドドラゴン国立公園!
と誰に聞いてもそう言われ、そうしました。
私たち、リンチャ島に行くことにしました。

と言う訳でEco Lodge所有の小さな木製の船に乗って
Lodgeに作ってもらったナシゴレンのお弁当を持って
コモドに会いにラブアンバジョーを出発!
ここから野生のコモドが一番見られる
リンチャ島、コモド国立公園までは2時間の距離。

フローレス島の西岸ラブアンバジョー、そしてリンチャ島、コモド島周辺は
世界的に有名なダイビングスポット。
サバンナの大地、青い空、そして透明感のあるエメラルドグリーンの海、真緑のマングローブ
それらの色のコントラストが美しくて、美しくて、大興奮の私。
見てください、この風景です!
f0159179_22304852.jpg
f0159179_2233479.jpg

f0159179_223154100.jpg

下の2つの写真はリンチャ島に行く途中に立ち寄った小さな無人島。
あー本当にキレイだったぁ~
this is what we call paradiseです!

さて、ラブアンバジョーからは2時間ほど船の旅で
着きましたリンチャ島、コモド国立公園。堂々の世界遺産。
ここへのアクセスは船でのみ可能。
「いよいよドラゴンと対面か~」とワクワクしてきます。
f0159179_22444674.jpg

f0159179_2247201.jpg


入場料を払い、国立公園のトレッキング、短い方か長いほうかを選び
(もちろん私たちは長い方。所要時間2時間)
ガイドさんについてもらって、ドラゴンを探すトレッキングツアーに出ました。

ガイドさんはインドネシア語と英語のチャンプルで
島の事、コモドの事など色々と説明してくれる。
よく分からない部分もあったけれど、
ここを歩いていると細かい事など気にならない!

灼熱の太陽の下、乾燥したサバンナの大地をひたすら歩く。
世界一大きなトカゲ、コモドドラゴン、世界の他のどの場所にもいないコモドドラゴンが
今まさにこの場所にいるというだけで興奮と感動が入り混じった感情が沸いてくる。

…でも…
歩けど歩けどコモドに出会えない。
そう簡単に会えるとは思っていなかったけれど、
でもとにかく暑くて、乾燥していて、ここでのトレッキングはかなりハード。
ゼーハー言いながら丘を登りきり、
「ちょっと休みたい~」 と思っていたらガイドさん
「後ろを振り返えって」と。

するるとこの景色が。
f0159179_2305383.jpg


「キレイ!」
これだけで俄然やる気を取り戻した私たちでした。

そしてついに!
その時はきました。
スタート地点から1時間弱ほど歩いたところで木陰で休むオスのコモドを発見!
「いるいる!」
私たちにとっては感動の最初のコモドドラゴン、コモド一号。
オスで年齢は結構いっている。体長約2.75メートル。
このダラッとした姿、、愛嬌あり。

f0159179_23175452.jpg

アップでもう一枚。
f0159179_23185883.jpg


私たち、興奮して大接近していたらしく
ガイドさんに「もっと離れて!」と怒られた。。
射程範囲に入ると、ものすごいスピードで"横飛び"してきて噛まれるのだとか。。
危ない危ない。
寝ていながら、じーっとこちらを窺っていたコモド一号。
その目に”野生”を感じた。

こうして無事目的達成。
野生の、生のコモドドラゴンに出会えた私たち。
「あー満足!」

私の生コモドの印象は
・意外とかわいい
・無骨なのにどこか気高い雰囲気がある
です。
気高いは言いすぎかな?
でも世界のここでしか生息していない貴重な存在というその事実と、
彼らの姿かたちがあまりにもユニークすぎて凄味があること
で私はそう思ったのです。

この後もトレッキングはまだまだ続きます。
続きはコモドとの出会い編part2で!
[PR]
by unomin | 2009-08-24 23:43 | インドネシア国内旅行 | Comments(8)

フローレス島へ

先週1週間
夏期休暇でバリ島、そしてフローレス島に行ってきました。
去年同じ時期に行ったカリムンジャワ島に引き続き、美しい海を堪能した旅でした。

フローレス島
きちんとした宿泊施設がないのでは?&アクセスが悪いのでは?
ということで倦厭されがちな場所のようですが、行ってみてビックリ。
美しい自然と海はそのままに
でも程好く開発がされているこの島での3日間の滞在は
とても快適で楽しく、また新たなインドネシアを発見できてとても有意義でした。

**フローレス島の西岸 ラブアンバジョーへ**

今回の旅の目的はコモドドラゴンを見ること(!)。
折角インドネシアにいるのだから
「動物園にいるのではない、野生のコモドが見たい!」
という主人Tたっての願いで
コモドが生息するコモド島、リンチャ島にアクセスが可能な
フローレス島の西岸、ラブアンバジョーに滞在しました。
f0159179_18575892.jpg

バリ島からは飛行機で1時間半ほど真東へ行ったところにあるフローレス島。
バリ島から東に向かってロンボク島を過ぎた辺りから急激に植生が変わるのが分かる。
熱帯雨林気候から、乾燥したサバンナ気候に変化したような感じ。
緑で覆われていた土地が、枯れた芝生で覆われたような褐色の地に変わっていく。
バリ発ラブアンバジョー行きの飛行機は小型機なので低空飛行。
お陰で飛行機から見下ろせる景色は最高で
こんなにエンターテイニングな空の旅は久しぶり!
f0159179_18595076.jpg

東に行くにつれて変化があったのは植生、大地だけでなく、人々もそう。
ポリネシアンな雰囲気で肌の色が黒く、多くの人がカーリーヘア。
現地の人同士ではその土地の言語を話している。
(でももちろん、学校では公用語のインドネシア語を使っているので、
 ジャカルタと同じインドネシア語は使えるので助かった。)

この下の写真はラブハンバジョーの空港の出口のところで撮ったもの。
ここで「taxi?taxi?」と沢山の人に囲まれる。
あー"久しぶりに途上国に来た"感がムンムン。
それにしてもインドネシアは広い!変化があって楽しい!奥が深い!
と再々認識した私たち。
f0159179_1963116.jpg

フローレス島に滞在の3日間
ハイシーズンで混んでいる時期だった事もあって、毎日宿を変えることになった私たち。
初日はオーストラリア人が経営するBajo Komodo Eco Lodgeに滞在。
1泊1部屋50ドル。
ガイドブック、ロンリープラネットによると、ここがラブアンバジョーで一番の高額宿泊施設。

エコロッジのコンセプトに則り、全てが必要最低限。
でも清潔でとても快適な宿泊施設。
ここ主催のツアーも充実していて、スタッフのサービスもよく、
色々情報収集が出来たので、初日にここに宿泊できてとても良かった。

ロッジにあるレストランでの食事もMSGを一切使わず、
自然な素材、調味料のみ使用、のこだわりよう。
美しい景色と健康食で全身が洗われるよう。
f0159179_19212575.jpg

部屋の前のイングリッシュガーデン風のお庭と色鮮やかな花たち。
目に入ってくる全ての色がとても鮮明でくっきりしていて美しい。

初日はロッジでのんびりし、ラブアンバジョーの町の中心を探検しに行って終了。
次の日のコモドドラゴンツアーも無事予約完了。

ロッジの前の海岸に沈む美しい夕日を眺めながら
「明日はどんなアドベンチャーが待っているのだろう」
と期待に胸を膨らませ、フローレス島初日を終えたのでした。
f0159179_19322590.jpg

次回はコモドドラゴンとの出会い編です。
[PR]
by unomin | 2009-08-23 19:40 | インドネシア国内旅行 | Comments(4)

車の座席、どこに座る?

みなさま お久しぶりです。
最近はゴルフ仕事ゴルフ仕事な日々で
変化が無く、何か新しいことでも始めたいと思うものの
時間がなく、今の状況に甘んじている状態です。
あ、変化といえば
皮膚がどんどん茶色になっていくことでしょうか。

さて、今回の日記は”車の座席、どこに座るか”で失敗したお話です。
先月香港に赴いた際のことです。

香港ではどこに行くにも会社の車が連れて行ってくれます。
空港に着くと会社のドライバーさんが出迎えてくれ
私は後方座席に案内され、ホテルに向かいます。
会社に行く時も、ショッピングに行く時も一緒。

そしてこれはジャカルタでも同じ。
後方座席がいっぱいの時以外はドライバーさんと隣同士で
助手席に座る事はありません。

香港滞在2日目の朝
いつものようにホテルに迎えに来てくれた会社の車。
でもこの日は運転手さんではなく、
支配人Rが直々に運転して迎えに来てくれました。
ヨーロッパ部門の経理部長でカナダ人女性Bさんと出張時期が重なり
彼女と一緒に会社に向かいます。

まず彼女が後方座席に座りました。
私は彼女とお話したかった、
そしていつものクセで後方座席に(彼女の隣に)座りました。

すると彼女、
「今日は私たち3人で全員?」と。
「そうだよ」と支配人R。
すると
「あ、ごめんなさい。Rにドライバーみたいなことさせられないわ。
 私が前に座るからね。」
と言ってさらっと助手席に移った彼女。

「…」

ここでハッと気付かされた私です。

ジャカルタでドライバーさんのいる生活に慣れきってしまった私。
後方座席に座る事が当たり前になってしまって
何の疑問にも思わなかったけれど
じつは気付かずにRに失礼な事をしてしまっていたのだなぁ、と。

確かに日本で、イギリスで
友達同士、友達同士でなくても3人で車に乗る場合
運転手さんを差し置いて、2人で後方座席に座る事なんて無かった。
だって運転してくれているから。
それが私の常識だった。

Bは私にも配慮して、嫌味な感じでは全く無く
とてもエレガントにこの座席移動をこなしていた。
白人は概してこういった周りに対する配慮がきちんとしていて
理に適っていて、すごいなと思う。

ジャカルタにいるとこういった
世界基準でいくと”ちょっと偉そう”な態度
が気付かずに助長されている気がしてなりません。
普段こちらで当たり前になっていること、
今回の事のように気がつかないところで
私、周りに失礼な思いをさせている事があるかもしれない。
「周囲への気配り、出来ていないなぁ。。」
とそう反省した出来事でした。
[PR]
by unomin | 2009-08-10 23:02 | ひとりごと | Comments(12)