UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ジャカルタの幼稚園で折り紙を

先週の金曜日
ジャカルタに来て初めて友達になったインドネシア人の友人Iが
経営する保育園に行ってきました。

ジャカルタ市内中心部の住宅地にあるこの保育園。
元々、Iと旦那さんが住んでいたお家で
娘さんと娘さんの友達を集めて歌やお絵かきを教えていたところ
人伝でたくさんの子供たちが集まるようになり
正式に保育園として活動し始めたのだとか。
規模は小さいけれども、アットホームな雰囲気で
近くに住む小さなお子さんが多く通っている。

今回は日本から来た私が飛び入りでお邪魔して、折り紙を教えよう!
ということになり、行って来ました。

2歳から4歳までの園児たち。
それはもう、みんな可愛いの一言。
目はクリクリで睫毛はカールしていて長くて、
インドネシアの子供は可愛いよ
とは聞いていたけれど、本当にそう!

さて折り紙、
自分ではやったことはあっても
教えたことが無いので、「どうしたものか…」
と考えあぐねた結果
「折り紙と言えばやっぱり折り鶴でしょう!」
という事になり(自分で勝手に)、ちょっと難しいかも
とは思ったものの、鶴でいってみました。
(実は行く前まで幼稚園だと思っていたのです、
保育園と知っていたらもっと簡単なものにしたのに…)

ご想像通り、保育園児に折り鶴
しかも、折り紙初めての子に対して…
は過酷だったのだけれども、
保育士さん1人が3人の園児をヘルプしてくれたお陰で
何とかなりました。
私のインドネシア語では不十分なので、Iが通訳をしてくれ
しかも得意のボディーランゲッジを駆使できたので。

日本から来た私を最初は珍しそうに観察していた子供たちも
次第に微笑みかけてくれたり、話しかけてくれたり
触ってきたり、心を開いてくれて、
何だかとっても嬉しくなってしまった私。
彼らの澄んだ目、何事にも素直に取り組む姿
そして何より、笑顔を見て、
終わった後は疲れるどころか
思いっきり癒されていた自分がいました。

これは園児たちの帰り際に撮った写真。
一人一つずつ、自分の折り鶴を持って、下校。
f0159179_2114118.jpg
















定期的に遊びに行って
懲りずに折り紙を教えようと思っています。
今度は何にしようかな、、ヤッコサン?
ってインドネシアでヤッコサンというのもどうなのかなぁ…
何かいい案がありますでしょうか?大募集中です!
[PR]
by unomin | 2008-08-20 02:20 | ジャカルタ 日々の出来事 | Comments(6)

西ジャワ島のリゾートTanjung Lesung

先々週
ジャワ島の西の果てにあるTanJung Lesungという
リゾート地に行ってきました。(←マイナー)
メンバーは主人の同僚と私たちで総勢7名。
バンと運転手さんをハイヤーして
ジャカルタから車でひたすら西に走って4時間。
ジャワ島の西端の海沿いにあって、海を超えるとそこはもうスマトラ島。
1時間半の高速道路の後は、舗装状態がイマイチな一般道路。
これをひたすら3時間くらいかけて走ります。

ここは近くにあるクラカタウ火山群へ行くための中継点になっていて
更に、世界遺産のウジュンクローン国立公園も近い。

Tanjung Lesungはこの2つの観光地を目指す人たちの
中継点になっているのだけれど
私たちはこの2つどちらにも行かず、ただここでのんびりする計画。

私たちがこの日宿泊したのはイギリス人が経営する
Tanjung Lesung Sailing Club
高級ではないけれど、きれいなバンガローが10戸並ぶ、リゾート。
ダブルベットのスペーシャスなバンガローは
1泊4000円とリーズナブルで施設もよく、清潔。
近くに大型リゾートホテルがあるからか、ほぼPrivate状態なのがいい。

Sailing Clubに着いてすぐに高速ボートを貸し切り、
近くの無人島へクルージングツアーへ。
エメラルドグリーンに輝く海。
これこそ東南アジアに暮らす醍醐味~!と感動一入。

ここでシュノーケリングをして珊瑚や熱帯魚を見た後は
ボートに戻り、日が暮れるまで釣りを楽しむ。
(船員の地元のお兄さんたちはたくさん釣っていましたが
私たちはたったの2匹…)

f0159179_2273236.jpg














これがその時ボートの上から見た夕焼け。
釣りに夢中になって、シャッターチャンスを逃してしまった。
(日がほとんど沈んでしまった)

夜はその日に釣れたシーフードでシーフードBBQディナー。
これがビックリするほど美味しくて、夢中で食べてしまった。
ビールとワインを飲んだら、疲れがどっと出て
みな夜10時には就寝…

次の日は早起きして、レンタル自転車をし、
マウンテンバイクで海岸沿いをツーリング。
ヤシの木が茂る熱帯の森の中を30分くらい走ったところで
急に開けたと思ったらこんなにきれいな海が!
自転車を放り出し、海に飛び込む私たち。

f0159179_2285619.jpg
















自転車をこいで、火照った身体には
ひんやりとした海水が最高に気持ちいい!
我を忘れてはしゃぐ私たち。

海での海水浴を終え、また自転車を漕ぎ出したところで
白い野生のサルを発見!
写真など撮る暇も無く逃げてしまったけれど。。
近くのウジュンクローン国立公園は野生動物の宝庫。
ここにもえさを求めてやってくるのかな。

決して豪華な旅ではなかったのですが
週末2日間ジャカルタの喧騒を離れて海辺でリラックスしただけで、
こんなにも心身ともにリフレッシュするなんて、と感じた旅でした。
ドライシーズンで、観光シーズン真っ只中の週末なのに
ほぼ全てがPrivateで貸し切り状態だったもマイナーリゾートならでは。

ジャカルタは都会だし、そんなに見るものはないのですが
インドネシアには豊かな自然、地域毎に違う豊かな文化があって
見所がたくさん。

さて次はどこに行こうかな…
[PR]
by unomin | 2008-08-13 22:10 | インドネシア国内旅行 | Comments(6)

オリンピックが見たい

北京オリンピックが始まりましたね。
オリンピック鑑賞は大好きで、
毎回選手たちの頑張りを見て、
ドキドキしたり、笑ったり
一緒に泣いたりして見るのですが
今年は思うように試合が見られない…

ジャカルタの我が家にはCableTVがあり、
チャンネル数60もあって充実しているはずなのに、
Cable TVのチャンネルでは
どこもオリンピックをLiveで放送してくれない。。
録画でさえ放送してくれない。。

インターネットでニュースを見て
それでその後Youtubeでチェックするしかない
この悲しさ…

昨日町の電気やさんに行って
アンテナを購入して、民放が見られるようにしたのだけれど
残念なことにインドネシアの民放でもあまり放送していない。
私たちが試した民放のチャンネルが悪いのかなぁ・・
インドネシア人の選手が出る種目以外は放送しないのかな。。

先ほど日経新聞を読んで、TV欄を見たら
今日本は朝から晩までオリンピック放送で埋め尽くされている!
羨ましいー!
オリンピック見たいですー!
[PR]
by unomin | 2008-08-11 13:46 | ジャカルタ 日々の出来事 | Comments(6)

SPA at Four Seasons Hotel

先週ビーチリゾートに一緒に行って
意気投合したイタリア人の友達Sと一緒に
Four SeasonsのSPAに行ってきました。

ジャカルタの良いところは
こういう超豪華ホテルでの宿泊、
お食事やSPAがリーズナブルなこと。
気楽にラグジュアリーを味わえるのが嬉しい。

まずはロッカールームで着替えを済ませ
シャワーを浴びてスチームバスへ。
サウナのような高温スチームの中で
すぐに全身から汗が出てくる。
オレンジ風味のキンキンに冷えたお水を飲みながら、
スチームバスと冷水バスを繰り返し2セットほどしたところで
「Ms.unomin, マッサージの用意が出来ました」
とお迎えが。

そのままホテルの部屋に通され
ヒーリング音楽が流れる中、伝統的ジャワマッサージが始まる。

1時間の全身オイルマッサージは
マッサージのテクニック、力加減、アロマオイルの質と香り、
どれも申し分なく、さすがFour Seasons~!
という幸福感が存分に味わえる。
終わった後のジンジャーティーもどこで飲んだものよりも
美味しくて、甘すぎなく上品。

その後はプールサイドでゆったりまったりし、
美味しいランチを食べ、
またSPAに戻ってスチームバスとジャグジーを楽しみながら
Girls Talkに花を咲かせる。

マッサージを受ければ
プールとSPAの施設が時間制限無く、タダで使えるのが
嬉しい!素晴らしい~!
しかもこんなに良いのに、SPAは人が少なくてほぼPrivate状態。
(なぜー土曜日なのにー!?)

半日存分に楽しんで、ヒーリングしてディトックスして
気になるお値段はRp380,000 (4500円くらい)!(ランチ別)

雰囲気、施設、清潔さ、アメニティー、タオルの質、スタッフのサービス
どれをとってもトップレベルでこのクオリティーの高さだからこそ
味わえる、幸福感、癒しはここならでは、と大大満足でした。

ほぼ毎土曜日にここに通っていると言うS。
私も常連になっちゃいそうです。
[PR]
by unomin | 2008-08-09 19:22 | インドネシアでキレイになる | Comments(2)

インドネシア語講座 3

まだ続いています、
週に2回のインドネシア語 ビギナークラス。

相変わらずついていくのがやっとなのだけれど
それでも、だんだんこの言語に慣れてきたのか
単語やフレーズが頭に入ってくるようになりました。

少しだけれど、インドネシア人とインドネシア語で
コミュニケーションが取れるようにも。
これもヒヤヒヤものの厳しい授業のお陰です。
そしてもちろん、
今ここインドネシアで生活している、というのが大きいのだろうな。

更に、
インドネシア語習得に向けて
今一番活躍してくれているものがあります。

それは日本食材スーパーで発見した単語帳。
表に単語を書いて、意味を裏に書くタイプの
あの小さな単語帳。
学生時代、よくお世話になったあれです。

慣れ親しんだ方法で語学を学ぶのが、習得への一番の近道!
とそう強く感じた私です。
[PR]
by unomin | 2008-08-07 15:25 | ジャカルタ 日々の出来事 | Comments(6)

香港へ

先々週
仕事で香港に行ってきました。

5年ぶりの香港。
ジャカルタから行ったからか、
目に入ってくるもの全てがピカピカで近代的で
まるで未来都市に来てしまったかのよう。

たくさんのジュエリーを見て
美味しい飲茶や中華料理をたくさん食べて
とても幸せな気分を味わった…
一方で、考えさせられることもありました。

それは空気汚染。
夏の香港、
天気予報は晴、なのにもかかわらず
なぜか空を見渡すと白っぽい。
九龍(kowloon)サイドのハーバーに建つホテルに泊まって
5年前には綺麗に見渡せた香港サイドの高層ビル群が
薄靄がかかってはっきりと見えない。

香港人の同僚に聞くと、
最近ではいつもこのようにスモッグが発生して
場所によるけれど青空を見る機会があまり無くなってしまったのだとか…
これは香港と中国本土の境界辺りに乱立する工場のせいだと言う。

海と山、綺麗な自然と近代的なビル群、
そのコントラストが美しく、魅力の香港。
北京オリンピックで騒がれている空気汚染が
北京から遥か南にある香港でも深刻な問題になっているだなんて、
と問題の根の深さを目の当たりにして、ショックでした。

中国に生産を頼りっぱなしの先進諸国の物質主義。
早く歯止めをかけないと、大変なことになります。
[PR]
by unomin | 2008-08-05 12:40 | インドネシア国外の旅 | Comments(2)