UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

クリームバスって?

インドネシアは噂に聞いていた通り
エステやマッサージがとてもお得!質も高い!
こういったサロンもたくさんあって、
気楽にいつでも行けるのが嬉しい。

みなさん、クリームバスってご存知ですか?
私はインドネシアに来るまで知らなかったのですが
美容関係の仕事をしている高校時代からの友人
norimikiから教えてもらい、すっかり気に入ってしまいました。

クリームバスとは…
まずは髪の毛シャンプーしてもらい、
トリートメント効果、保湿効果のあるクリームを
濡れたままの髪の毛にたっぷり塗ります。
塗ってもらった後は
じっくりゆっくり、時間をかけて頭を指圧マッサージ。
これがきもちいい!
頭だけでなく首から腰にかけてもマッサージしてもらいます。

40-50分くらいマッサージしてもらったら
温かいタオルで髪の毛を包みこみ、
髪の毛にクリームを浸透させる為、蒸し状態に。
このまま10分ほど置いてから、きれいに温水で洗い流します。
そしてその後は丁寧にブロー。

所要時間は2時間ほど。
今回はクリームバスとネイルを合わせたコースだったので
髪の毛をトリートメント&頭マッサージしてもらっている間に
ネイルもきれいになりました。

髪の毛が乾燥しがちな私にとっては
髪はしっとりするし、ブローしてきれいになるし
頭マッサージは気持ちよくて、スキッとするし、もう最高です!

1つ1つの仕事が丁寧で時間を掛けてやってくれるのに
クリームバスとマニュキュアでたったの106,000ルピア。
1300円ほど!

ロンドンで美容関係のトリートメントなんて、
高価すぎて有り得なかった。。
今まで自分磨きをしてこなかったその反動か、
病みつきになっちゃいそうです。。

美容関係のエクスパート、
norimikiに教えてもらったサロン、こちらです。

Johnny Andrean
Grand Indonesia Mall West 2F

このJohnny Andreanは
日本の化粧品製造会社M社と共同で商品開発に携わっているとか。
絶対オススメです!
[PR]
by unomin | 2008-07-25 20:16 | インドネシアでキレイになる | Comments(2)

バリ島へ

先週末から今週頭にかけて
主人の出張について行く形でバリ島に行ってきました。

初めてバリに行ったのは、忘れもしない911の直後。
飛行機も観光地であるバリもガラガラで、ゆったり過ごしたっけ。
今回はそれから7年ぶり、ジャカルタから国内旅行としての旅行
という事で、期待が膨らむ!

旦那さんの出張に妻が一緒に行ける、
これが日系企業でない企業(国際機関)の良いところ。
私の分のチケット等旅行のアレンジまでしてくれて感謝です。

と喜んだのも束の間。
バリに着いてチェックインしたホテル、
国連が手配してくれたホテルの凄まじかったこと。

部屋中漂う、お手洗い脱臭剤の臭い
薄汚れていて、しっとりしたベットカバー
扉にも窓にもある隙間(←虫が入ってきたらコワイ)
蛍光灯の光がどんより灯る薄暗い部屋

折角バリ島に来て気分上々だったのに、
奈落の底へ落ちてしまったように、一気に真暗い気持ちになる私。。

「こんなはずではなかった… 
こんなことならジャカルタにいればよかった…」

出張と言えば、”豪華なホテル”と思っていた私。
国連と言えば規模は大きいけれど、
所謂NPO(Non Profit Organization)だし、
日系企業や欧米企業のようにはいかないし、そんな贅沢はダメらしい。
確かに、モラル的に考えて…
そうです。。

が、それにしても程度があるでしょう、と思う私たち。
バックパッカー時代の学生旅行の時でさえ
こういうところには泊まらなかった。

としばらくすると、主人Tは部屋のホコリか何か浮遊物に反応したらしく
くしゃみが止まらなくなる。
これで意を決した私たち。もうこんなところにはいられないと
チェックインして3日分の宿泊代を払ったにもかかわらず
キャンセルした私たち。半日分のキャンセル代だけ払って
あとのお金は全部返してもらって。。 
って、こんなの初めて!
(ホテルにとっては大迷惑ですね、すみません)

ホテルを探し回る術がない私たちは
地球の歩き方、ホテル欄の一番上に紹介されていた
大型リゾートホテルにとりあえず電話。
幸い部屋が空いていて、そちらに移動し
3日間快適に過ごすことが出来ました。

昔に比べると確実に贅沢になっている、
ということを自覚した出来事。
許容範囲も狭まっている。
と考えると、すこし恐ろしくなる。

後で分かったのが
最初のホテルは取引先に薦められて
国連側が予約したホテルだったことが判明。
国連が提携しているとか、国連の出張者の常宿
という訳ではなかったらしいので、安堵した私。

これは泊まったホテルのプールサイドから見たサンセット。
海に沈む夕日を見るなんて、何年ぶりだろう。
f0159179_15305295.jpg
[PR]
by unomin | 2008-07-24 15:33 | インドネシア国内旅行 | Comments(5)

炊飯器

我が家に最新のIH炊飯器がやってきました。
先週ジャカルタを訪れていた義理の両親が持ってきてくれたもの。

イギリス生活の4年間はオックスフォード生活時代の寮でGetした
クラシカルな20年前の炊飯器を使用していた私たち。
蓋が本体と一体型でないので圧力がかからず、
IH、圧釜なんて有り得ない、保温機能さえない炊飯器だった。

電圧の問題、引越しが決まっていた等理由があって
イギリスでは買わなかったのだけれど
次の赴任地では絶対に炊飯器を買おう、それもIHと決めていた私たち。
義両親の来イに際し、持って来てもらいました。

いやー
20年前と今の技術力の違い、進歩には驚きました。
イギリスで食べていたのと同じ、
アメリカ産日本米を使っているのだけれど
お米のふっくら感、ウマ味、光り方、ねばり感
こんなにも違うものかと、本当に驚きです。

ご飯を炊くだけでたくさん機能があって 
お米の種類によって、またどんな料理と一緒にご飯を食べるのか
によって炊き方を変えられ、(例えばカレーの時、など)
それだけでなくて、炊飯器でお惣菜も作れたり
温泉卵、パンやケーキも焼けちゃう。素晴らしいー!

日本の素晴らしい技術力、ご飯に対するこだわり
研究に研究を重ね、こんなに質の高い製品を完成させたのに
これが日本国内消費者のみをターゲットにしているのではもったいない。
少しは海外用にも販売されているのだろうけれど、
現状ほんの一部だと思う。
こんな素晴らしい製品を、技術力をもっと世界に送り出して
世界のより多くの人にこの良さを知ってもらいたい!

IH炊飯器に感動し、そう強く思ったのでした。
[PR]
by unomin | 2008-07-18 16:13 | ひとりごと | Comments(2)

ジャカルタで美容院初体験

海外で生活していると困るのが美容院。
日本の美容院のレベルの高さに慣れてしまっている為か
海外で美容院に入るのにすごく抵抗がある。
それはロンドンでも、そしてもちろん、ここジャカルタでも同じ。

ロンドンで某日系美容院に行った時のこと。
店に入った時、出迎えてくれた女性が
タイトロングスカートをはいていて、髪は腰くらいまである。
はじめはスタッフさんで美容師さんは他に…と思っていたら
実は彼女が美容師さんで、彼女に髪の毛を切ってもらう羽目になり
それはそれは大失敗した経験があるので、少しトラウマになっている。

3月に日本に一時帰国した際に行ったきり
約4ヶ月も放っておいてしまった私の髪。
もう限界、行かないわけには行かない。
上のロンドンでの経験を活かし、
日系美容院はやめて現地の美容院と心に決めていた私。

よく行くSEIBUデパートの脇にある
ちょっとオシャレで高級な雰囲気の*美容院に意を決して入った。
ここに決めた理由は
店内が清潔、綺麗で受付の女性たちが綺麗で髪型がステキだったこと。

シャンプーとカット、ブローでそれぞれ値段が分かれていて
シャンプー30,000ルピア(400円くらい)
ブロー65,000ルピア(800円くらい)
カットは160,000ルピア(1800円)から220,000ルピア(2500円)までで
美容師のレベルによって値段が違う。

とりあえず、一番高い美容師さんをお願いしてシャンプー台へ。
シャンプーは400円とリーズナブルなのに、2度洗い、
しかも頭のマッサージを入念にしてくれる。
きもちいー

シャンプーを終え、席について
どんな美容師さんが出てくるのだろうとドキドキしていたら、
現れたのが
「コンニチワ~!」
とクネクネしたお兄さん。

「やった、この美容院にして良かった!」
とその瞬間に悟った私。

私の希望をきちんと分かってくれて、ゆっくり
時間をかけて丁寧にカットしてくれたお兄さん。
とても上手で、技術力が高くて、ビックリしてしまいました。

ブローをしてくれた彼のアシスタント美容師さんも
上手で、彼女の1つ1つの仕事がとても丁寧!

大満足な仕上がりにとてもリーズナブルな価格。
ジャカルタに来て早々お気に入りの美容院が見つかって
とても幸せな私です。

*IRWANTEAM Hair Design
Grand Indonesia Shopping Town
Mall A, Ground Floor,
+62-21-2358-0644
[PR]
by unomin | 2008-07-17 13:14 | ジャカルタ 日々の出来事 | Comments(10)

我が家にもお手伝いさんが!

アパートに入居して1週間
生活必需品も全部揃っていなくて
不慣れなことばかりの生活を送っている私たちのところに
お手伝いさんが来ることになりました。

アパートのマネージメントから紹介してもらったエミさんは
私たちのところに来る前も日本人家庭で働いていて
彼女にとって私たちは3家族めの日本人。

月曜日から金曜日まで週5日間
朝9時にやってきて、洗濯、掃除を主に手伝ってもらっている。

私と同い年のエミさんは1児の母で
ジャカルタでの先輩主婦。テキパキと仕事をこなしてくれて
色々と参考になることばかり。

英語とインドネシア語と少しの日本語と
ボディーラングウェッジを駆使してコミュニケーションをとる私たち。
家事のことを色々と教えてもらえるだけでなく、
インドネシア語の勉強にもなる!

エミさんは家事を助けてくれるだけでなく
こんなにうれしい特典を我が家にもたらしてくれるのでした。

明日は掃除用具を買いに彼女お勧めのショップへ行く予定。
どんなところに連れて行ってくれるのだろう、
楽しみ!

それにしても…
主従関係をはっきりさせなければいけないと分かってはいても、
「マダム~」
と呼ばれるのは抵抗があるのですけれど…
[PR]
by unomin | 2008-07-14 23:20 | ジャカルタ 日々の出来事 | Comments(4)

アパートへ入居

先週末
1ヶ月以上に渡るホテル生活を終え
これから2年間住む予定のアパートに入居しました。

アパート探しは10件以上見て周ったのだけれど
何の迷いも無く今のところに決定。
ジャカルタにはExpatコミュニティーと
ローカルの富裕層をターゲットにした高級アパートが
たくさんあって、それぞれに特長があり、個性的。

私たちがこだわったのは
インテリア、家具の雰囲気と
ロビー、プールやジムなどの共用スペースの雰囲気。
新しくて、きれいピカピカというよりは
こちらならではのコロニアル調が味わいたい
ということで選びました。

この写真はベランダから撮ったジャカルタの夜景。
日曜日の夜だったので、いつもよりも空気が澄んでいました!

f0159179_1423233.jpg
[PR]
by unomin | 2008-07-08 14:04 | ジャカルタ 日々の出来事 | Comments(6)

インドネシア語講座 2

昨日行って来ました、2回目の授業。
相変わらずついていくのがやっとという状態。
先生にあてられたらどうしようと、気が気でない授業中。
授業の終わる午後7時になった時
「今日も何とか生き長えられた…」と身体全身を安堵感が包む。
授業中はそれだけ緊張しているということ。

でも!
分かったことが。
私たちと生徒の1人を除いて全員が
ジャカルタで生活し始めて半年以上経っている、
1年経っているなんて人もいる。

「ビギナーコースなのにそれは反則~!」
(←って全くをもって自己中な私)

やっとの思いで
基本的なあいさつと(基本中の基本のみ)
数字を1-20まで覚えました。
今まで全く耳にしたことの無い単語ばかりで
語呂合わせも出来ないし、覚えるのが本当に大変だけれど
せめて、文字はアルファベットで良かった。
これだけが救い。

あー授業のある火曜日と木曜日が憂鬱…
[PR]
by unomin | 2008-07-04 12:32 | ジャカルタ 日々の出来事 | Comments(4)

インドネシア語講座

インドネシア語を習う為、語学学校に通い始めました。
週2回で3ヶ月間。
レベルは一番低いビギナーコース、レベル1。

3年半前イギリスでフランス語を習ったけれど
すごい短期間だったし、お遊び程度のちゃらんぽらん学生だったけれど
今回は違います。真剣。
向こう2年間の生活に必要になってくるし、習得しないわけにはいかない。

ジャカルタに数ある語学学校の中から選んだのは
主人Tの勤める機関の人たちが紹介してくれたここ

私たちのレベル1のクラスには
中国人、韓国人 x 2、アメリカ人 x 2、サウジアラビア人、
英国人、そして私たち日本人 x 2の合計9名でとても国際的。
職業も
オイル系、NGO関係、銀行マン、インダストリアルエンジニア(プラント関係)
大使館関係者、とインドネシアならでは、な感じ。

あ~
それにしても自分の語学のセンスの無さには悲しくなります。。
学生時代は英語は得意科目だったし、
記憶力もまぁまぁだったきがするのだけれど(←気のせいだった?)
今は悲しくなるくらい、単語やフレーズが覚えられない、頭に入らない。。
記憶力を学生時代に使い果たしちゃったのかな?
一生で使える記憶力は決まっていて、目減りしていくものなのかな?
と思わずにはいられないほどヒドイ…

ついていくのが必死な状態だった第一回目の授業。
先がかなり思いやられます。。
[PR]
by unomin | 2008-07-03 16:30 | ジャカルタ 日々の出来事 | Comments(6)