UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

クラカタウへ

先々週末
ツアーに参加して、クラカタウへ2泊3日で行ってきました。

「クラカタウ」ってみなさんご存知ですか?

ジャカルタのあるジャワ島とその西にあるスマトラ島の間、
スンダ海峡にある火山島群でユネスコ世界遺産に登録されています。
f0159179_20233829.jpg


1883年に歴史に残る超大規模な噴火があって、
 その時の火砕流は海上40kmに達したり
 噴火した山、島は吹き飛ばされて地形が変わってしまったり
 その噴火音は5000キロ離れたアフリカのモーリシャス島近くまで届いたり
 津波がフランスまで届いたり
 噴煙が北半球の平均温度を下げたり
 この年日本で起こった飢饉はこのクラカタウの噴火が原因だという説があったり
 噴火後北半球でみられる夕焼け空の色が変わってしまったり
 これを題材にしたのがムンクの叫びだったり

と、周辺地域だけでなくて世界各地に何らかの影響を及ぼしてしまうほど
大規模な噴火だったのです。

この下の写真はアナッククラカタウ。
1927年、海中で噴火が始まり
それ以来活発に活動しながら大きくなっているこのアナッククラカタウ。
1年に5メートルもの早さで高くなり、現在は海抜400メートルほどの火山。
この写真もよくみると山頂から白い煙が立ちあがっているのが見えると思います。
f0159179_2254464.jpg

夕方になると、雷のような音を立てながら、白煙をともなって噴火。
f0159179_2363263.jpg

そして夜、
満天の星空、南半球の美しい星空と流れ星を楽しんでいたところに2回目の噴火。
その時の写真がこれです。
f0159179_238422.jpg

2回目の噴火は黒煙を伴って、見えていた星空が全部黒い雲で覆われてしまうほど。
石を焼いたような臭いが辺りに漂った。

次の日の朝、アナッククラカタウを1合目までハイキングする予定だった私たちは
この時点で諦めモード。
この周辺は綺麗なサンゴ礁が広がっているので
明日はシュノーケリングだけ楽しめればいいね、と言いながら就寝。

そして次の日。
朝早起きして散歩をした時も、このように白煙が上がっていたし
f0159179_23273427.jpg

アナッククラカタウ行きは完全に諦めていた。

でも…
一応トライしようと、アナッククラカタウにあるレンジャーズハウスを訪れた私たち。
f0159179_2331202.jpg

するとここのレンジャーさんたちは意外にも
「今なら大丈夫だよ、今すぐ登ってみよう」と言うではないですか!

昨晩噴火していた山を登るなんて、そんなこと、あっていいの?と思いながらも
専門家のレンジャーさんが「今は安全」というのだからそれを信じた私たち。
こんな風にしてアナッククラカタウを登って行きました。
f0159179_23423112.jpg

この下の写真が「今日はこの地点までです」と言ってレンジャーさんが案内してくれた場所からの景色。
頂上がこんなに近くに見える。
表面が白いのは硫黄の成分だそう。
f0159179_23413036.jpg

f0159179_23471367.jpg

f0159179_23475673.jpg

レンジャーハウスにいたコモドドラゴンのようなオオトカゲ。
f0159179_034795.jpg


クラカタウの神秘とこの地域のサンゴ礁、美味しいシーフードを堪能した2泊3日の旅。
総勢8名での旅は始終笑いが絶えないとても楽しいもので
また新しいインドネシアを発見でした旅でした。

週末にジャカルタを離れると、気持がリフレッシュして、リセット出来て
とても清々しい気持ちになれますね。
次はどこに行こうかな。
まだまだ行かなければいけない場所がいっぱいです、インドネシア。
[PR]
by unomin | 2011-05-31 01:53 | インドネシア国内旅行 | Comments(11)
Commented by samsulsphoto at 2011-05-31 15:15
凄い経験ですよね。登れてラッキーでした。
そう、あのバンテンのお寺にも、この火山の噴火のことが書いてありましたよね。
自然の力には、本当に人間がどんなに太刀打ちしても敵いません。
時々忘れないように、こうやって自然に接することが大切だと思います。
Commented by swinco at 2011-06-01 20:58 x
Unominさんこんばんは。先週の月曜日に無事ジャカルタに着きました。1週間のうちにシンガポールにいったりとドタバタでしたが、ジャカルタ生活楽しんでいます。美味しいイタリアンやフレンチが恋しくなって来たので、UnoMinさんのブログを参考にさせて頂きたいと思います♬ クラカタウ すごい迫力ですね。思わず地図で調べてしまいました。素晴らしい場所がインドネシアには沢山あるんですね。1年半程しかいないので、それまでに沢山の経験をしたいと思っています。明日からDerawan, Kakaban, Sangalaki, Maratuaに行ってきます。どんな所か全く分からないですが久々に青い空を見上げ、奇麗な海だと嬉しいです。
また、ご紹介されていたフローレス島にも一度行ってみたいです。
PS:私のメールアドレス間違って記載してなかったでしょうか?ひょっとして送って下さってたら申し訳ないと思いまして。
@の前は、swincocoです。 あっつ、催促とかではございませんので!!
長々と本当に申し訳ございませんでした。では!またブログ楽しみにしております。
Commented by swinco at 2011-06-09 17:04 x
Unominさんこんにちは、今日初めて、さらさを手にしたのですが、読んでいてびっくりしちゃいました>< もうお名前からビビビッツときました。大変有名な方で多方面にご活躍されている方とはつゆ知らず、ずかずかと入り込んでしまった事お詫び申し上げます。大変失礼致しました。ブログの紹介が本当に素敵でついつい。unominさんのセンスに引きつけられてしまいました。
今日、以前記事に書かれていたpayon に行って参りました。これからも参考にさせて頂きます。お忙しいと思いますので返信等は不要でございます。unominさんのご活躍お祈り致します。
Commented by unomin at 2011-06-13 16:45
Samsulさん
こんにちは!ご返信が大変遅くなり、申し訳ありません。
先週まで日本に戻っておりまして、日本滞在中、メールやブログをチェックする時間を確保するのが大変難しく。。失礼致しました。

クラカタウでは本当に貴重な経験をしました。
自然、大地のもつパワーにただただ圧倒されるばかりでした。
バンテンのお寺にこの噴火のことが書いてあったこと、私も憶えていました。
クラカタウに実際行ってみて、そのスケールの大きさを肌で感じました。
本当ですねー こうして自然に時々触れて、自分たちはこの大きな自然の一部なのだと感じることは大切だと思いました!
Commented by unomin at 2011-06-13 16:46
Swincoさん
ご連絡が遅くなってしまって本当にごめんなさい。。
先ほどswincoさんのメールアドレスの方にご連絡させていただきましたので、どうぞ宜しくお願い致します。
来週辺り、お会いできたらいいな~と思っています!
楽しみにしています。いつも本当にどうもありがとうございます。
Commented at 2011-06-19 02:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by unomin at 2011-06-21 19:02
Yupopanさん
こんにちは、はじめまして。コメントどうもありがとうございました。
ジャカルタにいらしたばかりなのですね!如何ですか?
体調など崩されていませんか?
16日、パパイヤに行きました。友人たちを呼んでホームパーティーをした日なので、確実にパパイヤに行きました!すれ違っただなんて、なんて偶然でしょう!
あまり更新されないブログに遊びに来て下さって、恐縮です。。
そしてとても嬉しいです!
今後ともぜひ、どうぞ宜しくお願い致します。
ありがとうございました。
Commented at 2011-06-21 20:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by unomin at 2011-07-07 14:10
Cocoさん
こんにちは、はじめまして。
コメントを頂いてから時間が空いてしまいましたこと、お詫びいたします。ごめんなさい。
古い記事も読んで頂いているだなんて、恐縮です、ありがとうございます。Cocoさんもお腹弱いのですね、、今はもう良くなられましたか?
コメント、本当にどうもありがとうございました。
こちらこそ、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
Commented by Chuzai Living at 2011-08-04 09:23 x
アナッククラカタウの噴火した次の日に登ったなんて、すごい勇気!!!私だったら、終始どきどきか、行く前に怖じ気づいているか。でも素晴らしい写真が撮れましたね。まるでナショナルジオグラフィックの世界。噴火の写真も迫力満点です。
Commented by unomin at 2011-08-10 02:01
Kahoさん
私も我ながらすごい勇気だったと今になって思います。でも登っているときは、静寂の中でだったので、噴火のことはすっかり忘れていました。アナッククラカタウの中腹から見た美しい眺めが今でも目に焼きついています。