UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

インドネシア料理には欠かせません、ケチャップマニス

サンバルとならんでインドネシア料理には欠かせない調味料、ケチャップマニス。
日本人が和食にお醤油を多用するのと同じように、インドネシア料理にたくさん使われる甘い調味料。
甘くてどろっとしていて、「原材料はいったい何?」「何でできているの?」
と思っていらっしゃる方も多いはず。

このケチャップ(ソース)マニス(甘い)を伝統的方法で作る
家族経営の小さな工場があるとのことで、先日訪れてみました。

ジャカルタ中心部からやや北寄りの華僑エリアの近くにあるこの工場。
「ケチャップマニスってこうやって作られるんだ!」
と、久々の社会科見学は新しい発見と驚きがあって、楽しかったー!
f0159179_0191756.jpg

さて早速、ケチャップマニスがどのように作られているかをご紹介。

1 黒大豆をよく洗い、日陰で3日間置き、天然カビが生えてくるのを待つ(!)。
2 その後天日干しにして乾燥させた後、水とシーソルトと一緒にこの樽に入れ1ヶ月間発酵させる。
f0159179_0375413.jpg

3 発酵が終わったらこの巨大な鍋に移して、低温でじっくり煮る。
f0159179_0353982.jpg

4 ここで黒大豆は濾されて取り除かれる。あくも取り除く。
f0159179_13134981.jpg

5 オーガニックのパームシュガーをシロップ状にして鍋に入れてとろみがでるまで煮る。
6 再度濾してからガーリックやレモングラス、ごま、八角などのハーブやスパイスを入れ低温で煮る。
f0159179_13233849.jpg

7 ハーブ、スパイスを取り除き、冷やしたらケチャップマニス完成!

大型スーパー、その他小売店には卸しておらず
ここの工場に実際に行かないと手に入らないスペシャルなこのケチャップマニス。
製造方法も、使っている材料もすべて見せてもらうことができ、安心して頂ける。

味見をさせてもらうと大型ブランドのものに比べて、こくがあるのにすっきりしている、と思った。
材料にこだわって上質ものを使っていると2代目オーナーの女性が言っていたけれど
そのこだわりが味に出ている。
元々このレシピは初代オーナーだったお母さんのものだとか。

プラスチックの容器は使わずに
(上写真の小さなプラスチック容器は、社会科見学をした私たちへのプレゼント用なので特別らしい。)
ビールの大瓶を再利用した、昔ながらのエコな方法。
f0159179_13292958.jpg

お客さんたちは”マイ瓶”持参で直接この工場に来て、ケチャップマニスを購入。
これしか購入する方法がない。
品質を下げないようにするために、現在の工場のキャパシティーを維持したいのだとか。
華僑にしてはめずらしく商売っ気がないのかも。

ジャカルタの下町でこういった小さな家族経営の工場が地域経済を支えている。
懐かしくて温かい、昭和の雰囲気だった。

ケチャップマニスにシャロットのみじん切りとレモングラス、少しのチリを入れると
これだけでとてもおいしいディップになることが判明。
お肉のグリルや煮込み料理にも使えるし
これからはここのケチャップマニスを安心してたくさん頂くことが出来るのがうれしい!
[PR]
by unomin | 2011-04-12 13:51 | ヘリテージ ソサエティー | Comments(8)
Commented by swinco at 2011-04-13 01:11 x
unominさん こんばんは!以前コメントさせて頂いた者です。
都内も大きな余震がここ数日続き、なんとなく気持ちが落ち着かないままですが、いよいよ来月中旬頃には、インドネシアへ行く事ができそうです。当初は、家族訪問ビザで入国と考えていましたが、主人の会社が正式に家族も受け入れて下さるという事で、一安心です。 ケチャップマニス。インドネシア語のレッスンでよく出てきた単語なんですが、初めて実物を見ました!!日本でいうトマトケチャップの様なものを想像してました>< どんなお味がするんでしょうか。楽しみです。お料理を作るのが好きなので、本場のインドネシア料理に興味津々です!
以前、ブログで紹介されていたワルン?(屋台)もチャンスがあれば行ってみたいです。ワクチンも8種類を数回接種しました(笑) これからもunominさんの素敵な写真や文章、そして色んな知識が沢山つまったブログを拝見し楽しませて頂きたいと思います☆ そして、生活の参考にさせて頂きたいと思います。長々と失礼致しました。
Commented by unomin at 2011-04-13 19:45
Swincoさん
こんにちは!また遊びに来てくださったのですね、嬉しいです!
私もswincoさんのブログにたまにお邪魔して、素敵な写真にため息をついています。
来月半ば、インドネシアにいらっしゃるのですね、良かった!
またいらっしゃる時にぜひ、ご連絡くださいね。どこかでお茶でもしませんか?色々とお話ししましょう!
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
Commented by タカチ at 2011-04-14 00:00 x
Unominさん、ご無沙汰してます。今日のブログのタイトル見たときに、ちょっと興奮してしまいました。と言うのは、1週間ぐらい前にテレビでシェフがアジアン料理っぽいのを作っていたのですが、そこで「ケッチャップマニス」を使っていたのです!調味料の説明もなかったので、その時私は「何だこれ?」と見ていたのですが、今日のブログを読んでスッキリしました。
工場見学、とっても興味深そうー。
工場見学で食品が作られる工程を自信を持って見せられる会社・工場ってどれくらい残ってるんでしょうね。どの食品も保存料、色素、いろんなEナンバーが入ってるから、こそうゆう物が入っていない食品は今では本当に珍しいですよね!
それに事業拡大よりも味にこだわった経営というのも今の時代すごく稀な気がして感心しました。
Commented by unomin at 2011-04-16 23:52
タカチさん
お久しぶりです!コメントどうもありがとう。
わぁ、偶然だね!ケチャップマニスをイギリスのTVでやっていただなんて。
今まで、原材料は何が入っているか、って分からなかったから
あまり使ったことがなかったの。
でも製造工程を最初から最後まで見ることが出来て
材料も全部見て、説明も聞けて。。
美味しいからだけじゃなくて、
こんなすばらしい工場をサポートするために
これからはここのケチャップマニス、たくさん使って食べないと、って思ったよー!
Commented by samsulsphoto at 2011-04-21 18:16
これは、焼き魚やサテには欠かせないですね。
クルプックに少し付けて頂いても、美味しいです。
Commented by unomin at 2011-04-25 11:37
Samsulさん
本当ですねー 私も今までほとんど使わなかったのですが
この工場を訪れて以来、安心して使えるようになって嬉しい限りです。
クルプックにつけたら美味しそう!今度試してみます!!
Commented by Kaho at 2011-05-05 09:09 x
すごーい!ケチャップマニスって、そうやって作られるんですね。ケチャップと聞くと、ついあのトマトケチャップを想像してしまいますが、全然違いますね。工場見学、すごい!!これはもしかしてインドネシアヘリテージで行かれましたか?素敵な写真にため息とあったので、swincoさんのブログもチェックしてみたいと思ったのですが、リンクがありませんでした。教えていただけると嬉しいです!私もswincoさん同様、素敵な写真や文章をいつも楽しませていただいています!
Commented by unomin at 2011-05-06 00:27
Kahoさん
そうなのです、ケチャップマニスってお醤油の製造方法に近いんだ、
というのが新しい発見で面白かったです。

コメントをいただく swincoさんのリンクはこちらです。
http://swinko2004.cocolog-nifty.com/
どうもありがとうございます。私もKahoさんのブログ、楽しませて頂いています。いつも。本当に素敵です。