UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

バドゥイ村へ

インドネシアは知れば知るほどおもしろい国。
17,000以上の島からなる国土。世界第4位の人口は様々な民族から成り
言葉、文化、習慣、宗教もそれぞれ多種多様。

西ジャワバンテン州の山間部に住む少数民族、バドゥイ族ってご存知ですか?

15世紀、イスラム教が浸透してきたこの土地でイスラム教徒になることを拒み
孤立する道を選んだバドゥイ族は当時のままの生活スタイルを維持しています。
お金を使うことも、車に乗ることも、電気を使うこともせず
近代文明を取り入れない、原始的生活を今でも送っています。

ジャカルタから車で西へ約3時間行ったところにあるバドゥイ村
この村に先日主人Tが1泊2日で行って来ました*。
彼からのレポートと写真をご紹介したいと思います。

これがバドゥイ村の集落
f0159179_0194454.jpg

バドゥイにはInner Baduy(内バドゥイ)とOuter Baduy(外バドゥイ)があって
外バドゥイは外との接触が少しはあるものの、
内バドゥイの人たちは完全に鎖国状態で伝統的な生活を厳格に守っている。
これは外バドゥイの集落で、主人Tたちグループがホームステイしたのも外バドゥイ。
内バドゥイは奥深くにあって、見えない。

まるで日本の時代劇を見ているかのような村の風景。
f0159179_23525339.jpg

家事をする母、そして子供たち。
黒装束の外バトゥイと言われるように、男性も女性も常に黒っぽい洋服を身にまとい
バティックも基本的にこの濃青色でこの柄のものを身に着けている。
電気はない。でも外バドゥイの人たちはサンダルは履いても大丈夫。
逆に内バドゥイの人たちは白装束。男性は白いターバンに白いシャツ
濃紺のサロンを巻いている。内バドゥイの女性は…不明。
f0159179_23543491.jpg

この時期ちょうど米の脱穀をする祭りのようなものをやっていたようで
トントンと脱穀する音が夜通し聞こえたそう。
f0159179_23594657.jpg

橋にも文明の利器を使わない。完全に自然のものだけを使って作られている。
f0159179_054172.jpg

徳島、祖谷にある”かずら橋”もびっくりの、木の蔦で出来た橋。
f0159179_063733.jpg


主人Tたちはラッキーなことに、内バドゥイの人たちと会えてお話しする機会があったそう。
内バドゥイの人たちの写真はここでは掲載できませんが
これだけはいいかな…
彼らの足。ロードオブサリングス(指輪物語)のホビット族、本物版、現代版です!
f0159179_021183.jpg

肉厚の大きな足。
車やバスに乗ることはもちろん、靴やサンダルを履くことを許されていない内バドゥイのひとたち
ジャカルタに行商に行くときは、この足で3日間かけて歩きます。
行商では内バドゥイで作られたはちみつやイカットなどを売り、
これで得た収入で不作だった時に米を買う為のお金を貯えているのだそう。

イスラム教徒でもない、ヒンズー教徒でもなく仏教徒でもない、
独自のアミニズムを信仰する彼らは21世紀の物質文明の真隣で
ひっそりと独自の生活スタイルを守り続けている。

こういうウルルン体験、インドネシアでは他でもたくさん出来るんだろうな。
素晴らしいですよね!



*バドゥイ村には専門のガイドさんの案内がないと行くことが出来ません。

[PR]
by unomin | 2011-04-06 00:34 | インドネシア国内旅行 | Comments(14)
Commented by samsulsphoto at 2011-04-06 08:45
うわ~Tさん貴重な体験をされましたね。
私は、未だ行ったことが」ないです。
ただ、私は田舎育ちなので子供のころはこんなでした。
震災のあと、ブログを続けるかどうか悩んだ日もありました。
そんなとき、仙台の宮城野区に住む友人より、是非続けて!というメッセージを頂きました。
そんな訳で、以前より頻度を上げてアップしています。
Commented by unomin at 2011-04-06 19:49
Samsulさん
いつもSupport頂き、どうもありがとうございます。
Samsulさんのお写真からのそして頂くコメントからも元気をもらっています。
Baduyでのホームステイは本当に素晴らしい経験だったようです。
私はその週末、丁度日本に行く予定だったのでJoin出来ませんでした。。結局日本行きはキャンセルになってしまったのですが。。
ここに載せていないいい写真がまだたくさんあります。Samsulさんも
機会があったら是非行ってみてくださいね!
Commented by Kaho at 2011-05-05 09:21 x
すごい!バドゥイ族なんて聞いた事もありませんでした。勉強になりました。文明を使わず今でも原始的な生活をしているだなんて!アメリカのアーミッシュはここまで徹底してはいないですが、世界にはこうやって文明の発達を拒んで昔ながらの生活を続けている人が居るんですね。アーミッシュの人たちは確か写真を撮らないとか。ある意味、私たちの生活は発達しすぎた生活で、汚染の原因を作っているし、悪い点もあるけれど、あまりにも慣れすぎて、私は変えなさいと言われたら困ってしまうので、こういう生活をできる人たちはすごいと思います。服の色が外は黒、内バドゥイは白と分けられているのが面白いと思いました。どうやって色を決めたのでしょうかね。(^ー^)
Commented by unomin at 2011-05-05 21:55
Kahoさん
インドネシアには300の民族がいると言われていますよね。
現代文明の中でそれぞれの個性を失っていく中で
バドゥイ族の様に伝統を守り続けている民族がいることに、
そしてそれが可能なことに、ただただ驚き、感動しました。
世界の人口のほとんどは途上国の人たちで
こんな風に現代文明に頼りっきりの私たちのような人たちの方が
実はマイノリティーなのですよね。不思議なことに。。
外は黒、内は白、どのようにして決まったのですかね!確かに。
気になりますねー
Commented at 2013-01-29 21:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by unomin at 2013-01-31 00:55
JJSさま はじめまして。ご連絡どうもありがとうございます。先ほどEmailさせて頂きましたのでご確認くださいませ。どうぞ宜しくお願い致します。
Commented at 2013-02-16 12:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by unomin at 2013-02-19 15:22
mikaさん、こんにちは。コメントどうもありがとうございます。
バドゥイ村訪問につきまして、了解致しました。
主人にもう一度確認して、本日か明日中にEmailさせて頂きますね!
Commented by mika at 2013-02-19 22:16 x
unominさん、お忙しい中お手数をお掛けしてしまい、申し訳ありません。急ぎではありませんので、いつでも結構です。unominさんのお時間のある時にご連絡を頂けたら嬉しくおもいます。どうもありがとうございます。
Commented by unomin at 2013-02-22 14:04
mikaさん、いえいえ、とんでもありません。どういたしまして。
先ほどEmailさせて頂きました。また何かご質問等、ありましたらお知らせくださいね!!遅くなってしまってすみませんでした。
Commented by yu at 2013-11-10 22:05 x
はじめまして。私は、今大学4回でインドネシアのバドゥイ族について調べています。するとこのブログを見つけました。卒業研究で、こちらのブログに記載されている写真(米の脱穀をする祭りのようなもの)の写真をお借りしてよろしいですか。
Commented by unomin at 2013-11-12 13:43
yuさん、はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。卒論でこちらの写真をご使用されたいとの事、はい、大丈夫です。
どうぞお使い下さいませ!
Commented by momo at 2013-12-04 00:57 x
11月にジャカルタ市内で内バドゥイ族の方達が歩いているところに遭遇しました。
Jl.Terogong RayaをJl.Fatmawatiへ向かって歩いていました。
初め、どの民族かもわからず後から調べようと写真を撮ってしまったのですが、インドネシア人の友人に写真を見せて教えてもらい内バドゥイ族と知りました。
そしてネットでいろいろ調べているうちにこのブログへたどり着きました。
このブログを読ませていただいて、
写真を撮ってしまって申し訳ない気持ちと、
大切にわがやのジャカルタ生活の1枚にしようという思いでいます。
Commented by unomin at 2013-12-10 18:24
momoさん、コメントどうもありがとうございます。
バドゥイ族の方たちの行商、ジャカルタで見かけますよね。
私も何度も見かけました。その度に声をかけたくなります。
彼らが売っているはちみつ、美味しいみたいですよ!
みなさんやっぱり素足で歩いていましたでしょうか?

インドネシアは色々な民族、宗教が共存していて面白い国ですよね。
ジャカルタ生活のいい思い出の1つになりますね~♪

ご連絡、どうもありがとうございました。