UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

陶器作り挑戦!

ヘリテージソサエティー活動の一環で陶器作りに挑戦してきました。
訪れた先はジャカルタの南、Depokにある、Widiyanto Ceramic Studio。
インドネシアの著名な陶芸家、Widyantoさんの旧宅で
1ヘクタール(=10,000平方メートル)(!)もの大きな敷地にある、緑であふれたオアシスのようなところ。
f0159179_23514018.jpg

敷地内には小さなおうちがたくさん建っているのだけれど
メインの建物はWidyantoさんが実際生活していた場所で、彼の作品が所狭しと飾ってある。
f0159179_23553888.jpg

床にも彼のデザインした陶器のタイルが。
f0159179_025463.jpg

中には美術館に飾ってあるような大作もあって、100jt (=100万円)なんていう値札が
ついてあるものもある。
「怖い怖い」
壊さないようにしないと。。
(インドネシアではお店で商品を割ったり壊したりすると弁償しなくてはいけない。)

朝、到着して
爽やかなレモングラスのお茶とスナックを頂いて一息つき(←これがゆったりしていて良かった)
素敵なおうちたちやショップを見せてもらった後
いよいよ陶器作りに挑戦。

まずは400グラムのクレイを与えられ
その後、150種類以上はあると思われる”型”コレクションから好きなデザインを選ぶ。
本格的に作るコースではなく、
好みのデザインの型を選んでそれを元に作り
それを自分なりにアレンジしたり、組み合わせたりするだけのお気楽、お手軽陶器作り。
この程度で十分、ととても楽しめる内容だった。

これがわがグループの皆さんの力作たち。
f0159179_0194458.jpg

そしてこれが私のもの。
f0159179_0223442.jpg

大きなリーフのお皿はあえてフラットにしてみた。
この蝶たちはちょっと立体的にして動きを出してみたのだけれどうまく焼きあがるかな。。
これは箸置にするつもりです。

最後に好きな色を選んで、後は待つだけ。
f0159179_0282696.jpg

これから1週間、乾かして、釉薬をかけて焼いてくれて、2-3週間後に仕上がるらしい。
仕上がりはどうなるかな、楽しみ~!

約1時間に及ぶ陶器作りを終えた後は
素敵なオープンエアのジャワ建築で出来たレストランで
とびきり美味しいインドネシア料理(ジャワ料理)を皆で頂いて、ツアー終了。
15名が参加するツアーで、朝のお茶とランチ込み、
陶器作りに使用した材料等すべて込みで23万ルピア(2300円)でした。

まるでバリにいるかのようなpeacefulな環境の中で
Widiyantoさんの素敵な作品を拝見し
ジャワ建築を見ることができ
みんなで楽しい陶器作りをし
美味しくてヘルシーなインドネシア料理を頂き
さらに、自分で作った陶器がもらえてしまう。

ジャカルタからは2時間ほどかかって、少し遠い場所にあるけれど
素敵な朝の過ごせるこのWidiyanto Ceramic Studioの陶器制作ツアー、
とても気に入りました。おススメです!
4名、朝食込み、1泊1万円で宿泊してこの敷地を独り占めすることも出来るらしいです。
これもひかれる…

Widiyanto Ceramic Studio
Jl. Curug Agung No. 1 Tanah Baru, Beji Depok, 15428
Tel: 021-775-7685 / 021-775-7686
[PR]
by unomin | 2011-02-17 00:39 | ヘリテージ ソサエティー | Comments(6)
Commented by タカチ at 2011-02-17 02:29 x
楽しそう~。私も参加したい!!!いいなーーー。
早く完成品を見てみたいです。アップしてくださいね、待ってます。
陶芸のあとは、美味しいお食事を楽しむ。最高ですね。
Commented by unomin at 2011-02-17 11:45
タカチさん
楽しかったよー。本当に楽しくてまたすぐにでも行きたいくらい。
個人的には型が’うーん、難しい’というものが多かった気がするので
次回は構想を練って、型を使わない方法でやってみたいなと思ってます。
陶芸のあとの素敵なセッティングの中でお美味しいランチ、素晴らしかった。
最高の癒しだったよー
Commented by samsulsphoto at 2011-02-17 17:40
今でも、家内の焼いた湯飲やお皿など使ってますよ。
割れてしまったものもたくさんありますけど、好い思い出です。
他の陶芸教室でしたけど、生徒さんが先生に恋をしてしまったり。
その方にとっては、ときめくようなことだったんでしょうね。
Commented by unomin at 2011-02-21 21:06
Samsulさん
こんにちは、コメントありがとうございました。
ジャカルタを離れていて、返信が遅くなってしまってすみませんでした。

奥様が作られた陶器を使っていらっしゃるだなんていいですね。
温かみが違いますよね、きっと。
私のこのお皿と箸置きも割れずに無事仕上がってくれるといいな、
そして使える日が来るといいなーと思っています。
教室での恋、って何だかトキメキますね。。私の思い出はもうかなり昔。。
Commented by Kaho at 2011-03-22 23:10 x
私もここに最近行きました!!しかも道に迷って2時間も掛けて...信じられないうちのドライバー...私のしょぼい作品も今頃焼かれていることと思います。作るのは楽しかったけれど、ほとんど専門家の方に手伝っていただいて、あまり自分の作品っぽくないのが寂しいです。仕上がり楽しみですよね!
Commented by unomin at 2011-04-05 21:34
Kahoさん、
Kahoさんも行きましたか!楽しかったですよねー
先日仕上がってきたのですが、練りが足りなかったみたいで
大きい方のお皿にはひびが入っていました(ガーん:って古い)。
でも箸置きの蝶たちは中々でした。
私たちは人数が多かったので、ほとんど手伝ってもらえず。。自力でやりましたが、結果がひび割れ。。悲しいのでもう一度行きたいと思っています。
Kahoさんの作品、素敵そう!ブログにUpしてくださいね。