UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

バンテンへ 写真撮影の旅

先週末
写真家Sさんの写真撮影の旅に同行させて頂きました。
Sさんは
ジャカルタやその近郊の町を訪れて、現地の人たちの写真を撮影。
その土地に再訪して前回訪れた時に撮った写真を現像して本人に手渡すという、
とても素敵な活動を長年に渡ってされています。

今回連れて行って頂いたのはジャカルタから北西に約2時間ほど行ったところにある
バンテンラマという港町。
f0159179_218455.jpg

16-19世紀にこの土地を統治していたバンテン王国の王都があった場所で、
オランダ統治時代はジャワ交易の中心地のひとつだったとのこと。

今はその栄華を誇った面影は余りなく、素朴なインドネシアの田舎町。
人々の生活は質素で、町の人たちみなが一つ屋根の下で暮らす大きな家族のよう。
みなとにかく明るくて、笑顔に溢れていた。

はにかみながらポーズをとってくれる子供たち。
f0159179_2145062.jpg

Sさんからもらった自分たちの写真に大喜び。私たちの姿を見て走り寄ってくる子供たち。
f0159179_21461376.jpg

今度日本に行きたいの。私を日本に連れて行って、そして写真も撮ってね、
とせがんできた美少女たち。
f0159179_2337614.jpg

線路をまるで自分の庭と思っているかのように、魚の開きを干すおじさん。
ここから50メートルくらい先に駅があって、1日4回電車が通るのですが。。
f0159179_2150091.jpg

生活臭というか、生活感がムンムン漂っているマーケットで魚を売る女性。
f0159179_22564957.jpg

オランダ統治時代に築かれたスピルウィク要塞跡で見た青い空。
f0159179_22524145.jpg


風景ではなく、人の写真をこんなに一度に撮ったのは初めてだった。
インドネシアの新たな一面を知り、カメラを通じて体験できた。
初対面なのにインドネシアの人たちにこんなに近づくことが出来た、と思えた。
Sさんの撮った写真を見せて頂き、
被写体になる人たちとの強いコネクション、そして写真の力強さに感激した。

そんな旅になりました。
またインドネシアの楽しい思い出のページが増えました。
どうもありがとうございました。
[PR]
by unomin | 2011-02-01 23:10 | インドネシア国内旅行 | Comments(6)
Commented by samsulsphoto at 2011-02-02 13:17
みなさんに喜んで頂けると、私も嬉しいです。
また機会がありましたら、ご一緒しましょう。
Commented by unomin at 2011-02-03 11:32
Samsulさん本当にどうもありがとうございました。
はい、また是非ご一緒させて下さいませ!
Commented by Kaho at 2011-03-22 23:12 x
すばらしい!!unominさんの写真も素敵ですよ!!空が奇麗なのが印象でした。Sさんのサイトにもお邪魔してみますね!私ももっとインドネシアの人の写真が撮りたい、と思わされました!
Commented by unomin at 2011-04-05 21:31
Kahoさん
ありがとうございます。空が本当に綺麗な日でした。
そして村の人たちの明るさと笑顔が心をふわっと解きほぐしてくれる
そんな楽しい写真撮影の旅でした。
今度Sさんがインドネシアにいらっしゃる際はKahoさんも一緒に行きませんか?
Commented by Kaho at 2011-04-07 00:04 x
是非ご一緒したいです〜!!
Commented by unomin at 2011-04-07 12:12
Kahoさん、わーい!ぜひそうしましょ。ご連絡しますね!