UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

スラウェシ島 マナド旅行 Part2

さて、前回のマナド旅行の続きを。

マナド ブナケン島できれいな海を堪能した私たち。
滞在3日目のこの日、マナド旅行ハイライトの1つ、タンココ国立公園へ行くことに。

タンココ国立公園 (Tangkoko Nature Reserve)。
マナドから東に車で約2時間のところに位置するこの国立公園は
手付かずの原生林で覆われていて、スラウェシ島特有の野生動物が生息していることで有名。

スラウェシ島は動物生態系の境界線、ウォレス境界線のすぐ東に位置していて
オセアニア(オーストラリア)の動物生態系とアジアの動物生態系が混在している。
イコール
オーストラリアでしか見られない(と思っていた)有袋類も生息している。
境界線の西に位置するのはお隣、ボルネオ島。こちらは完全にアジアの動物生態系。

さぁコモドドラゴンに続く、珍獣ツアー。
今回は”獣”ではなかったけれど、ウォーキングサファリ感覚をまた味わってきました。

案内所で入園料を支払い、レンジャー(ガイド)さんを依頼すると
ちょっとぽっちゃり系の”エプソン"さんに決定。(エプソンさんって…本名かどうかは謎)

原生林を歩くということで長袖長ズボンのハイキング装備で行った私たち。
なのにエプソンさんは7分丈のズボンに、裸足でCrocksのサンダル履きで現われた!(驚)

原生林の中を進む私たち。
f0159179_1517287.jpg

雨季だということもあり、原生林の中はすごい湿気。
主人Tのメガネが一瞬にして曇ってしまうほど。長袖長ズボンで歩いているので
暑いし、天然の森林ミストバスの中にいるよう。

アフリカで見た、バオバブのような木があったり
根っ子が幹の太さくらいある不思議な形の木があったりで面白い。
(雨季はいいけれど乾季は雨が降らないので、地中深くから水分を摂る必要があるのだろう。)

さて私たちのガイド、エプソンさん。15分ぐらい歩いたところで動きが変わる。
獲物を捕らえる狩人のようになった。
五感全てを使って獲物を見つけている感じ。視力が恐ろしく良いらしい。聴力も。
動きも更に敏捷になって、ついていくのがやっとの私たち。

エプソンさんが狩人モードになってから10分。
いました!
「マカク猿・マカクニグラ(黒マカク猿)」の夫婦。
f0159179_15152876.jpg

私たちが近づくと逃げてしまう&原生林の中は暗かったので写真が上手く撮れなかった。
どこかマントヒヒのようでもあり、どこかニホンザルのようでもあり
とてもキュートなマカク猿。
エプソンさん曰く、私たちの行った夕方4時ごろはちょうど寝床に入る時間のようで
この後も木の上で休むたくさんのマカク猿を見た。

そしてまたしばらく歩くこと20分。
タンココ国立公園のアイドル、タルシウスに出会えました。
f0159179_15303963.jpg

f0159179_1693386.jpg

夜行性というタルシウス。
私たちの訪れた夕方の時間帯はまだ木の中の巣で休んでいるところ。(すみません、邪魔して)
私たちがこんなに近づいても怖がらずに、人馴れしている感じでした。

本当に小さなタルシウス。これが猿だなんて。
「ふっ」
と気を抜くと、ネズミに見えてくるタルシウス。ほら、しっぽとか…
頭がこのモードになってくると、ちょっぴり鳥肌が立ってくる私。
なので観察中は頭の中で「これは猿 これは猿」と唱えてしまった。
ちょっぴり鳥肌立っちゃったけれど、つぶらな瞳に免じて許そう。(って何を?)

タルシウスとマカク猿を見てすっかり満足した私たち。
日も暮れてきたし帰路についていたら、最後の最後でまたしても大物、
クスクスに出会えました。
一瞬だったので写真を撮れなかったのだけれど
このクスクス、コアラやカンガルーと同様の有袋類。
見かけはコアラとウォンバットを足して2で割ったような感じでしょうか。

珍動物に出会え、原生林をハイキングできて大満足な私たち。
夜はドライバーさんに”マナドいち美味しい”
というシーフードレストランに連れていってもらいました。

水槽があってこのシーフードをどれくらい&どう料理する…
とオーダーする、アジアでよくあるタイプのシーフードレストラン。
ピリッと辛くてすっきりした味わいのマナド料理。
結構好みでジャカルタでもたまにマナド料理店に行くのだけれど
本場はやっぱり違う!魚の鮮度が違う!

これは一押しのシャコ。白い身はもちろん、オレンジ色の卵は
魚卵好きの私にとってはたまらない。
f0159179_17172761.jpg

マナド料理で必ずオーダーするスープ、クア アサム/Kuah Asam。
このスープ用の魚はスズキ(グルーパー)を選んだ。
期待以上に美味しい。
f0159179_17182886.jpg

これは何だか正確には分からないけれど、エボダイのような味。
イカンバカール(魚グリル)にして大正解だった懐かしの日本の味。
f0159179_17191597.jpg

この他に2皿頼んで、飲み物込みで一人1000円也。 (ってありえない安さ!)
この時所持金がが少なめだったのでオーダーできなかったロブスター。
今思えば食べておけばよかった。。

**************

美しすぎる海、野生動物、マナドの大自然を満喫したエコツアー。
心身ともに癒されてきました。
インドネシアは本当に旅行し甲斐のある国。自然が本当に美しい国です。

さて、次はどこに行こうかな。
やっぱりカリマンタン(ボルネオ)かな?
[PR]
by unomin | 2010-01-21 17:27 | インドネシア国内旅行 | Comments(8)
Commented by Jaso at 2010-01-21 23:44 x
こんにちは!
こんな原始の森があるなんて素敵ですねぇ。
でも私的にはシャコでよだれが・・・
シャコは私の大大大好物で、子供の頃はお袋にねだって漁師さんの所にバケツ持って買いに行ってました。
オレンジの卵入りはまた格別ですもんね。
あーーー食べたくなってきた。
Commented by unomin at 2010-01-22 11:22
Jasoさん
瀬戸内海のシャコだなんて、美味しそう!!
このシャコ、
選んだ時は生きていて、それを素揚げ→しょう油ベースのソースで合えたものです。
これがもう絶品で。火の通し加減が最高で、柔らかくて美味しかった~
オレンジの卵入り、本当ですね!すごくうれしかったです!
瀬戸内海のシャコ、いつか食べてみたいです!
Commented by タカチ at 2010-01-24 04:45 x
一番初めの木の写真、きれいに撮れてるねー。
こちらで生えている木とはずいぶん雰囲気が違って、熱帯の雰囲気たっぷり。
タルシウスは子供の頃に歌った歌に出てくるアイアイっていうお猿さんに似てない?とっても愛らしいね。

一日の終わりは美味しい食事でしめる、素晴らしい~。
シャコ、本当に美味しそう・・・。
今年も色んなリポート待ってます。
Commented by unomin at 2010-01-25 18:56
タカチさん
木の写真、迫力あるでしょう!
本当に立派な木たちで、この上で生活しているマカク猿、クスクス
彼らにとっては居心地の良いおうちになっているんだよ。
そうだよね、タルシウスはまさしく、アイアイみたいだよね、
つぶらな瞳でかわいかったよ。本当にとっても小さいの。

今年も色々旅行したいと思っています~
ブログの更新も頑張らなくちゃ。
Commented by リカリカ at 2010-01-27 21:53 x
久しぶり!
インドネシアン・ライフを楽しんでいるようだね。私も楽しんでブログを拝見してます。
そういえば先週、世界不思議発見でコモドドラゴンがでたの。unominの日記を思い出したよ。そうそう、このおさるさんも出てたよ!首が回るんだよね。
Commented by unomin at 2010-01-28 16:48
リカリカ
久しぶりだね!コメントありがとう。
うんうん、相変わらずとっても楽しんでいます、インドネシア生活。
住めば住むほど色々な事が分かってきて楽しい。
え?タルシウス、首が回るの?知らなかった。
タルシウスは夜行性でなのに昼間に行ってしまったので
活動的ではなかったのかも。
インドネシアは自然がいっぱいなだけでなくて
ここでしか見られない不思議な動物がいるのも面白い!
まだまだ探検し甲斐があるよ!!
Commented by Istri at 2010-02-03 22:04 x
わー!写真上手にとれたね。
タルシウスって、餌の昆虫を捕獲する瞬間、目をつぶるんですよ。
それが、なんだか渋い顔でかわいいんです。
それにしても、Tさんのメガネがくもった姿が想像できて
思わずクスリ・・・と笑ってしまいました。
ごめ~ん。
Commented by unomin at 2010-02-04 19:50
Istriさん
ふふ。メガネ、面白いでしょ。
エプソンさん、私、Tの順で歩いていたのだけれど
ふっと後ろ向くとメガネ真っ白で、コミカルだった。

へぇー 捕獲する瞬間目をつぶるの?可愛いね~
その瞬間は残念ながら見られなかったなぁ。
写真、一眼レフカメラを持っていて良かったと思ったよ。
私の小さなデジカメではブレてしまって全然上手く取れなかったよ。。