UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

お宝発見!? バンドゥンのアウトレット初挑戦 2

さて前回の続きを。

バンドゥンのアウトレットでプチフィーバーした私たち。
ジャカルタのおうちに戻り、買った品々をじっくり見てみることに。

洗濯、サイズそして原産地、全てのラベルをじっくり見て
縫製やボタン、全てを隅々までチェック。

「うーん、本物っぽいけれどねー」

と、もし偽物だったら良く出来ているなーと感心しちゃうくらいの品々。

ところが!!
じっくりチェックしていくうちに、少し見えてきたのです。

主人T用に買った2枚のフレッドペリーのシャツ。
1つはMade in Peru, そしてもう1つはMade in China
私のフレッドペリーのシャツもMade in China
デザインの雰囲気、淵の縫製の仕方がPeru産とChina産で違う。

「これは怪しい!」

China産のものは縫製やラベルがとてもしっかりしていて
ブランドロゴのついている厚紙ラベルも、それがついているシルキーな糸も
どこからどう見ても本物っぽい雰囲気。
でもPeru産のものは生地が若干違くて、淵の縫製もシングルで
China産のもの(ダブル)と比べると質が落ちる雰囲気。。

「なるほど… 原産地で本物か偽物かが判別できるかも!」

と思っていたら、そうだったのです!

どこからどう見ても本物でしょう、という
- ホリスターのシャツ
- スコッチ&ソーダのパンツ
- そしてリプレイのTシャツとパンツは
Made in Indonesiaだったのです。

これらは本物であろう、というのが私たちの結論。
なぜなら…

この3つは有名ではあるけれど、アバクロやバナリパなどと
比べたら知名度は少し落ちる。特にここインドネシアでは。
この知名度がそんなに高くないブランド品の偽造ものを
ここまで精巧に作ってわざわざ作り、ここインドネシアで売るのか?
費用対効果で考えたらNOだと思う私。

この論理でいくと
知名度が高く、原産地がここインドネシアではない
- フレッドペリー
- アバクロ
この2つは怪しい可能性が高い。
特に
アバクロは。
そしてフレッドペリーのPeru産は。

バーバリーやアルマーニ、その他にも有名どころがあったけれど
これらは見た目にも、うそっぽい感じだったので手を出さなくて正解。
超有名ブランドはかなり要注意です。

インドネシアでアウトレットデビューしたアウトレットビギナーの私たち。
バンドゥンのアウトレットで失敗しない方法、
私たちなりの答えは

・Made in Indonesiaのブランド物は本物 (たぶん)
・超有名なブランド物は危ない

です。

「…」

なーんて偉そうに書いてしまいましたが
もしかしたらこれってインドネシアのアウトレットで本物偽物を見極める常識で
もう既に皆さんご存知でしょうか?
だとしたらここまで読んでもらったのにごめんなさい~ m(_ _)m
[PR]
by unomin | 2009-12-29 00:29 | インドネシアでお買い物 | Comments(0)