UnoMinのインドネシア生活

unomin.exblog.jp
ブログトップ

ジャワ文化の中心地 ソロへ

もうすぐ10月も終わり。
今年も残すところあと2ヶ月になりました。
時の経つのが余りにも早くて驚くばかり。
もうそろそろ年末だなんて、信じられません。

さて先週末。
我が家はジャワ島文化の中心地、ソロに小旅行に行ってきました。
ソロ、正式名スラカルタ。(ソロはスラカルタの古称)
隣にある大きな観光地、ジョグジャカルタの影で
いまいち存在感が薄いけれど
そう、ジョグジャと並んでジャワ文化が栄えた中心都市。
ジャワの歴史をたくさん感じられるかもしれない、これは行ってみないと!
ということになり、行ってきました。

ジャカルタから飛行機で1時間弱。ジャワ島の中心部にあるソロ。
ソロの王宮観光、"バティック"ハンティングなどの市内観光は2日目にとっておいて
初日はソロ郊外へ。ジャワ島のパワースポットを訪れるエクスカーションに出かけました。

まず訪れたのが、チャンディ・チェト。
15世紀、マジャパイト朝時代に建てられたチャンディ。

チャンディとは仏教とヒンズー教が融合したここジャワ特有の寺院のこと。
チャンディで最も有名なのは世界遺産のボロブドゥール寺院。

ソロ市内から車で約1時間。
細い山道を登って辿り着いたこのチェト寺院は
ジャワ島で聖なる山と崇められているラウ山の中腹にある。
さすがパワースポット!
降り立ってみると辺りは神秘的な雰囲気に満ちている。
f0159179_21271159.jpg

f0159179_2129254.jpg

到着したのがちょうど昼時で晴れていたのに、
寺院の頂上部に差し掛かると急に霧が立ち込めて暗くなり
涼しい、というより冷たい風が吹いてミステリアスな雰囲気に。
f0159179_21295871.jpg

f0159179_21305030.jpg


この霞かかった寺院全体の雰囲気と後ろにそびえるラウ山がとても素敵。
ここがソロ精霊信仰の総本山だというのも頷ける。
昔の人って精霊の宿る場所、パワースポットを敏感に感じ取る能力に長けていたのだろうな。
こんな山の上に寺院を建てるのは大変だったろうに、、
でも妥協せず、ここに寺院を建てたのには理由がある。
仏教、ヒンズー教、ローカルのアミニズム。これが上手くMixしていた
当時の文化、信仰にとても魅力を感じます。

寺院のうしろにある山道(途中まで行って行き止まりで何も無かった)や
ヒンズー寺院も見学して
次に向かったのが、チャンディー・スクー。
チェト寺院からは20分ほどの距離。
ティープランテーションの美しい風景を見ながら山を下っていく。

どうしてもここに行ってみたかった。
その理由は、このスクー寺院もやはり15世紀に創建されたものなのだけれど
その形が、ジャワ建築からはかけ離れているらしく、中米のマヤ文明のピラミッドに似ていると聞いたから(!)

チェト寺院に比べると敷地が小さなスクー寺院。
門をくぐると、ピラミッドのような神殿(?)が見えてくる。
確かに。マヤ文明のものと似ているかも…(実際に行ったことがありませんが…)

さてスクー寺院、
ここはひと言で言うと怪しい…モトイ。妖しい。
f0159179_1112947.jpg

f0159179_1142554.jpg

f0159179_1165285.jpg

極めつけは門のところに囲われて、守られているこれ。
性器をかたどったリンガとヨーニ。(どちらがヨーニでどちらがリンガかは不明。)
f0159179_1395085.jpg

チャンディもどれも一様ではなく
それぞれ特色があってそれぞれに違う世界観があって、面白い!!
日本の神社で言えば
ここは学問の神様、ここは子宝に恵まれる…
というようにご利益が違うのと同じなのかな。
レリーフもそれぞれに意味があるのだと思う、エジプトのヒエログラフみたいに。
これが解読できたら面白いだろうな。

ラウ山の麓にある2つのチャンディ、チェトとスクー。
神秘的で独創的でとても楽しかった。

スクー寺院を訪れた後は寺院の近くにあったワルンで
この地特産だと言うサテ・クリンチ(うさぎ)を。
f0159179_1305236.jpg

ご夫婦で一生懸命焼いてくれたサテ・クリンチはとてもおいしかった。

この後、ジャワ原人が発見された場所、
世界遺産のサンギランを訪れたけれど
この展示室、博物館が汚くてひどい状態で
ジャワ原人の頭蓋骨の展示もあったけれどレプリカだったし、行く価値なかった…
ここはよっぽど時間が余ったら行ってもいいけれど、それ以外はオススメしません。

こうしてソロ郊外のエクスカーション、ソロの一日目は終わり。
最終日二日目はジャワ文化が花開いた町、ソロの市内観光。
この市内観光編は次回パート2に続く…
[PR]
by unomin | 2009-10-31 01:44 | インドネシア国内旅行 | Comments(6)
Commented by Jaso at 2009-10-31 13:20 x
中心からきれいに切って割ったようなシンメトリーの寺院おもしろい!
ジャワといえばジャワカレーくらいしか知りませんが(ジャワと関係ない?)とてもいいところですね。ものすんごく行きたくなりました。
市内観光編が楽しみです。
Commented by リカリカ at 2009-11-01 17:40 x
すご〜〜〜い!!!とっても神秘的だね。
写真からもパワーを感じるようなパワースポットだわ。
昔の人がああやって石を切り、運び、積み上げることを考えると関心するよね。
Commented by unomin at 2009-11-02 20:04
Jasoさん
そうですよね!仏教とヒンズー教が融合して
とてもユニークな寺院になっていますよね。
ジャワにはこのチャンディーの集大成のような
ボロブドゥールがあります。ここはまだ行ったことがなくて
とってあるのですが、ここもまたすごく面白いんだと思います。
仏像好きとしてぜひいらしてください~
ジャワカレーはどうだろう… よく分かりませんが
ジャワティーはジャワと関係あります!ジャワは古くからお茶の産地です。
タイからすぐですよ、インドネシア。ぜひ遊びに来てください!
Commented by unomin at 2009-11-02 20:06
リカリカ
そうだよね、パワースポット。
写真からも伝わるようで、嬉しい!
伊勢神宮で感じた程のパワーはなかったけれど
でも感じたよ、何か不思議なものを。
ここに辿り着くまでにすごく急な坂を上がらなくてはいけなくて
昔の人は重い石を運んで、本当に大変だったと思うわー
その労力を惜しまないほど、すごいパワーがここには宿っているって事だよねー
Commented by mipo at 2009-11-03 01:35 x
Unomin,久しぶり。
寺院の霧がかった写真は本当に神秘的だね。
パワースポットです、っていうのがものすごく納得できちゃう。
Tとか、何かにとり憑かれたりしなかった???
今度おかしな行動したら、そのせいかも!っていうか、いつも面白いからいつからとり憑かれたか分からないね。
ウサギのサテ、やわらかかった?
前に、ヤギのサテ、一緒に食べたよね。あれもおいしかった!
Commented by unomin at 2009-11-03 12:54
Miporin 久しぶり!
Tは天性の不思議なパワーで何ものもとり憑くことができない気がするよ。
相変わらず色々面白いよ~
ウサギのサテはね、柔らかくて美味しかった。
でもサテカンビン(ヤギのサテ)よりは肉自体のフレーバーが
弱くて、チキンと似ていたかな。
Miporin元気にしてる?ドイツはもう寒いんだろうなー